世界淡水魚園水族館 アクア・トト ぎふ
  • 料金・お得なパスポート
  • 団体のお客様へ

おもしろ飼育日記

2017年1月の日記

捨てられたアオダイショウ

田上 2017.01.21(土)

今シーズン、なんだか暖かい日が続いて、美濃地方は全然雪が降りませんでしたが、

今回の大寒波から、ようやく冬らしさが到来した感じです。

外で冬眠させている両生類たちのためには、冬は冬らしくビシッと冷えてほしいのですが、

大雪はちょっと勘弁してほしいですね。

 

さて、そんな冷え込みがきつくなったつい先日のお話です。

夕方、閉館直前にインフォメーションより内線電話がかかってきました。

「お客様がアオダイショウを持ってこられています」と。

 

(あー、何かの拍子に冬眠しているアオダイショウを捕まえちゃったかな)とか、

(そういえば冬眠しているアオダイショウを外で見たことないなぁ、場所教えてもらおう)とか、

鼻歌交じりの軽快なステップでエントランスに向かったのですが、

その直後、気分は最悪に。。。

 

エントランスに着いて、まず目に入った紙箱とその上にある一枚の紙。

超絶嫌な予感がします。

 

2017.121-1.jpg

持ってこられたのは岐阜市在住の方でした。

 

聞くと岐阜市立加納小学校の校門前に置かれていたとのことです。

発見してしまった手前、そのまま放置するわけにもいかず、

とにかくどうにかしないとということで、当館に持ってきたそうです。

 

とりあえず状態を確認しないといけませんので、フタを開けようとすると、

発見者の方がバババっと後ろに下がられました。

「苦手ですか?」

「…ハイ。」

ヘビがとても苦手というのに、このまま見過ごすこともできないからと

自分の車に乗せて来られた優しさにちょっと感動するとともに、

ペットを捨てることへの腹立たしさやら悲しさやらもこみ上げてきます。

 

 

2017.1.21-2.jpg

体はキンキンに冷えて動きは鈍くなっていましたが、生きていました。

 

かわいいアオダイショウです。

 

「どうすればいいでしょうか…」と心配そうにおっしゃる発見者の方。

アオダイショウも冬眠するヘビですが、冬眠には準備が必要です。

ぬくぬくと飼われていたとおぼしきこの個体を、

真冬に外に放り出しては、おそらく死んでしまうでしょう。

それに、野外で発見した個体なら、元いた場所に放してくださいと言えるのですが、

どこのアオダイショウかわかりません。

同じ種でも別の場所から連れてこられた個体は外来種です。

『北海道からきた』と謎の文面も手紙に残されていますし…。

そもそもペットとして飼育されていた生物を野外に放つのは、

どういう影響を与えるかわかりませんので、慎むべきでしょう。

 

 

2017.1.21-3.jpg

ちなみに水族館では原則ペットを引き取ることはありません。

 

飼い主は責任をもって最後まで面倒をみるべきであり、

どうしても飼えないのなら、次の行く先を探すべきです。

(過去にはこんなこともhttp://aquatotto.com/blog-diary/2012/08/post713.html

当たり前ですが、施設の前に手紙とともに放置することは、

行先を探したことにはなりません。

これは遺棄であり、法律(動物愛護管理法)で禁止された行為です。

 

結局、この個体は今、当館のバックヤードにいます。

当館ではアオダイショウを常設展示しておりますが、十分な数を飼育していますし、

アオダイショウは長生きですので、これ以上は飼育できません。

この個体をどうするかは今のところ未定です。

 

手紙は小学生くらいのお子さまが書かれたものと思います。

このブログを読んで、元の飼い主が引き取りにくるなんてことはまずないと思いますが、

誰か同じようなことを考えていた方の元に届いて、

その方が思いとどまってくれればよいと願うばかりです。

 


12月17日に始まった企画展「話題になった生きものたち~なつかしくて新鮮!!~」

 

2017.1.2-1.jpg

 

今回の企画展はこのような年表から始まり、

誰もが「なつかしい・・・」と感じる生きものを選び、年代別に展示しています。

ということで、今回は企画展で展示している生き物の中で

最も古い年代のものを紹介します。

 

その名も「アルテミア」。

これで分かった方は、かなりの生きもの好きですね!!

 

「なつかしい・・・」と多くの方に感じていただくために、

別の名で紹介すると、、、

「シーモンキー」。

いかがでしょうか??

 

昭和40年代に一世を風靡したという、「シーモンキー」。

このアルテミア(通称:シーモンキー)は

ホウネンエビモドキ科アルテミア属の総称で、甲殻類の仲間です。

ほとんどの甲殻類はキチン質を主体とする硬い甲殻で

身体を覆っているのに対し、このアルテミアは甲殻を持ちません。


塩水湖に生息しており、

Brine(塩水の) shrimp(エビ)という名でも呼ばれています。

乾燥に長期間耐えられる耐久卵を産み、

 塩水に浸かると孵化する性質を利用して、

エサ生物として広く活用されているため、魚を飼育されている方には

「ブラインシュリンプ」と呼んだ方がおなじみかもしれませんね。

 

水族館職員の私は、孵化させたらすぐに

エサ生物として活躍してもらう認識しかありませんでした。

「水田でみかけるホウネンエビに近い生き物」という知識はあったものの、

成体になるとどんな大きさなのか、どんな姿なのか、

実に基本的なことを楽しみに見守ることになりました。

ということで、企画展に向けてバックヤードで飼育を開始しました。

 

まずは塩水を容れた水槽で耐久卵を孵化させました。

 

2017.1.2-2.jpg誕生6日目

 

この頃は、甲殻類の初期の幼生「ノープリウス幼生」といって

成体とは異なる形態です。

それでも、甲殻類っぽい感じは出ていますね。

ちなみに、緑色の色素を持ったクロレラという藻類を

エサとして与えているので、消化管が緑色に見えますね。

動きは成体よりも単調な印象です。

 

 

2017.1.2-3.jpg

 

誕生17日目

真上からの写真です。すでに成体になりました。

企画展に向けてバックヤードの30℃近い温かい水槽で飼育していたら、

思ったより成長が早かったです。

光学顕微鏡では画面からはみ出すほど大きくなっていました。

こちらは光を当てて実体顕微鏡で覗いたところです。

光り輝いてまるで宝石のようですね。

 

 

2017.1.2-4.jpg

 

誕生45日目頃

もう肉眼で充分観察できます。

白色の卵を容れた卵嚢も見えますね。

ということで、この個体はメスです。

 

 

2017.1.2-5.jpg

 

成体になっても大きさは1cmほどしかありません。

遊泳力は強くないので、流れのあるところでは流されるままです。

 

そしてこの頃、企画展開始に合わせてお客様の前にデビューしました。

 

2017.1.2-6.jpg

 

水槽内ではこんな感じで泳いでおり、

卵嚢が見えるので前がメス、後ろにくっついているのがオスですね。

そして、周囲の水中に小さなオレンジ色の

点々として見えるのが、幼生です。

実際にじーと観ていると自力で動き回っているのがわかりますよ。

 

 

2017.1.2-7.jpg

 

オスは頭部に角のような交接用の付属器がありますので、

オスメス見分けてみてください。

 

そして展示風景。

 

2017.1.2-8.jpg

 

アクリルガラスの向こう側が見えませんが、

水槽や当時のなつかしの一品は

実際にアクア・トトぎふに見に来てくださいね。

 

お客様の反応を眺めていると、

幼いお子様にご自身の体験を話している姿をちらほら見かけ、

なんだか癒されます。

大人の方々も、

「なつかしい・・・」と感じる生きものの前で立ち止まっていただき、

当時の想い出に浸るもヨシ、

ご一緒されている方との話のネタにするのもヨシ、

それぞれの「なつかしい・・・」な時間をお過ごしください。

 

 


このページの先頭へ

2017年08月
日 月 火 水 木 金 土
   
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
14
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

バックナンバー

ピックアップフォト

  • IMG_0919.JPGのサムネール画像
  • P8116403.JPG
  • 2017.8.11-1.jpg
  • 2017.8.10-1.JPG
  • akate1.jpgのサムネール画像
  • P5115026.JPG
  • 2017.6.16-1.jpg
  • IMGP1116.JPG
  • 2017.6.8-1.jpg
  • 2017.5.20-1.jpg
世界淡水魚園水族館 アクア・トト ぎふ
〒501-6021 岐阜県各務原市川島笠田町1453 TEL:0586-89-8200/FAX:0586-89-8201

Copyright © Gifu World Fresh Water Aquarium All Rights Reserved.