世界淡水魚園水族館 アクア・トト ぎふ
  • 料金・お得なパスポート
  • メールマガジン
  • 団体のお客様へ

フロアガイド

2階 コンゴ川

ジャングルには不思議な魚がいっぱい

アフリカ大陸の中央部を流れる全長4,667km、流域面積370万kmを誇るコンゴ川は、コンゴ盆地を蛇行しながら流れ、大西洋に注ぐアフリカを代表する大河です。
コンゴ川の流れる流域は、赤道を中心として広大な熱帯雨林が広がっており、特異な生態を持った魚や、美しく宝石のように輝く魚など、様々な魚類が生息しています。

エリア アフリカ/コンゴ川
展示生物 サカサナマズ、テトラオドン・ムブ、ナイルパーチ、コンゴテトラ、ニシアフリカコガタワニなど

みどころ

逆さに泳ぐ!サカサナマズ

  • サカサナマズ。成長するにつれて逆さまになり、底を泳ぐとき以外はいつもお腹を上にして泳ぎます。

コンゴ川中流に住む大型淡水魚

  • ナイルパーチは、2m、180kgにもなる大型魚で、日本へも食用として冷凍食品が盛んに輸入されています。もともとアフリカ大陸のナイル川、ニジェール川、チャド地方にすんでいましたが、本来の生息地ではないビクトリア湖に漁業を目的とした放流が行われた結果、この湖にもともとすんでいた魚たちを食べてしまい、その多くが絶滅してしまいました。ビクトリア湖のナイルパーチの放流は、外来種問題を考える上でも非常に重要な事例です。

絶滅の危機にあるワニ

  • コンゴ川にすむニシアフリカコガタワニは成長しても1.8m程度の小型のワニです。土や葉を集めて巣をつくり子育てをします。

肺で呼吸する魚・ハイギョ

  • ハイギョの仲間、プロトプテルス・アネクテンスは乾期になると土の中で繭(まゆ)をつくり肺で呼吸しながら夏眠し、雨期がやってくるのを待ちます。現地では重要な食用魚です。ハイギョは古生代のデボン紀に現れ、110種類もの化石種が見つかっていますが。現在では、オーストラリアに1種、アフリカに4種、南アメリカに1種の計6種が残っているだけです。最近では、鰾(うきぶくろ)は肺から進化したものであると考えられています。

古代魚の特徴を持つ不思議な魚

  • ポリプテルス・デルヘジポリプテルス・エンドリケリー・コンギクスなどのポリプテルスの仲間は、腕のある胸びれはシーラカンスハイギョに、ひし型のかたいうろこ(硬鱗)はチョウザメガーなどに、また、幼魚はイモリサンショウウオの幼生にそっくりです。このほかにもさまざまな古代魚の特徴をあわせ持つ不思議な魚です。

原住民の伝統漁法

  • コンゴ川では木の枝やツルを編んで作った道具を用いて漁をしています。流れが速く、船で近づけない場所に足場を作り魚を捕る原住民たちの独特の漁法も展示しています。

強い電気で獲物を捕らえる

  • デンキナマズは450ボルトもの強い電気で小魚をしびれさせて食べます。

鮮やかな魚たちの群れ

  • コンゴ川流域を中心にコンゴテトラアレステスロングノーズクラウンテトラなどの美しいカラシンの仲間が群れをつくり泳いでいます。

このページの先頭へ

世界淡水魚園水族館 アクア・トト ぎふ
〒501-6021 岐阜県各務原市川島笠田町1453 TEL:0586-89-8200/FAX:0586-89-8201

Copyright © Gifu World Fresh Water Aquarium All Rights Reserved.