世界淡水魚園水族館 アクア・トト ぎふ
  • 料金・お得なパスポート
  • メールマガジン
  • 団体のお客様へ

フロアガイド

2階 メコン川

400種の魚が泳ぐメコン川

メコン川の源はチベット高原にはじまり、インドシナ半島を流れ、南シナ海へ注ぎます。
途中、中国、ミャンマー、ラオス、タイ、カンボジア、ベトナムの6カ国間を流れる国際河川です。この大河には数多くのコイやナマズの仲間をはじめ、キノボリウオやタイワンドジョウの仲間、淡水産のニシンやエイの仲間などの魚類が生息しており、これらの多くは流域にくらす人々にとって大切な蛋白資源となっています。

エリア タイ/メコン川
展示生物 メコンオオナマズ、テッポウウオ、キノボリウオ、レッドフィンジャイアントバーブなど

みどころ

世界最大級の淡水魚・メコンオオナマズ

  • 全長約4,400kmにもおよぶメコン川には、400種類もの魚たちが生息しています。とくに世界最大のナマズといわれるメコンオオナマズは、過去には3m、300kgにもなったものが捕獲されたとの記録もあります。この巨大なナマズは、生態など謎に包まれていることが多く、現在絶滅の危機に瀕しています。

水中のガンマン・テッポウウオ

  • テッポウウオは、まさに水中のガンマン。口から水を水鉄砲のように飛ばし、陸上にいる虫などを射落として食べます。成魚では、1.5m離れた獲物でも正確に打ち落とすことができるといわれます。私たち人間が水中から水上を見たときには、なにがどこにあるのかよくわかりませんが、テッポウウオはこのような光の屈折までもものともせず獲物をしとめることができるのです。

雨季と乾季の変化に適応した魚たち

  • 雨期と乾期をくりかえす厳しい環境を生き延びるため、空気呼吸の能力を身に付けたグラミーの仲間がメコン川流域には多く生息しています。中にはキノボリウオのように水辺をもとめて干上がった陸を移動できるものもいます。

このページの先頭へ

世界淡水魚園水族館 アクア・トト ぎふ
〒501-6021 岐阜県各務原市川島笠田町1453 TEL:0586-89-8200/FAX:0586-89-8201

Copyright © Gifu World Fresh Water Aquarium All Rights Reserved.