2F タンガニーカ湖

大地溝帯がつくった巨大な湖、タンガニーカ湖

アフリカ大陸の東にあるタンガニーカ湖は、地殻変動によりできた大地溝帯に水が溜まって形成された湖。長さ650km、面積は岐阜県の約3倍。最も深いところは1,471mもあります。ここには約300種の魚類が生息しています。

タンガニーカ湖マップ

ネオランプロローグス・ロンギオールとネオランプロローグス・セクスファスキアータス
トロフェウス・モーリー

多種多様なシクリッドたち

タンガニーカ湖に生息する魚の多くは、シクリッドと呼ばれるカワスズメ科の魚です。貝殻を子育ての場に選んだネオランプロローグス・ブレビス、岩にうみつけた卵を親と兄弟で守るネオランプロローグス・ブリチャージ、口内保育するトロフェウス・モーリーなど、その繁殖生態や特殊な食性、多様な生態には驚かされます。

他の魚に卵を育てさせる魚

シノドンティス・マルチプンクタータスは、口内保育する魚の口の中に自分たちの卵をまぎれこませ、育てさせることから、カッコウナマズとも呼ばれます。

シノドンティス・マルチプンクタータス
キフォティラピア・フロントーサ

新しい命の誕生、魚の子育てを観察しよう

キフォティラピア・フロントーサのオスは成魚になると額が出っ張り、メスは直径8mmもの卵を数個~数10個産み、口内で保育します。水そうの下の方、木の陰などをよく見てみてください。小さな命の誕生や、子どもを一生懸命守る魚の姿が見られることがあります。

2F タンガニーカ湖フロアの主な生き物

  • シノドンティス・マルチプンクタータス

    シノドンティス・
    マルチプンクタータス

  • キフォティラピア・フロントーサ

    キフォティラピア・
    フロントーサ

  • ネオランプロローグス・ロンギオール

    ネオランプロローグス・
    ロンギオール

  • トロフェウス・モーリー

    トロフェウス・
    モーリー

  • オフタルモティラピア・ベントラリス

    オフタルモティラピア・
    ベントラリス

  • ロボキロテス・ラビアータス

    ロボキロテス・
    ラビアータス

  • ネオランプロローグス・セクスファスキアータス

    ネオランプロローグス・
    セクスファスキアータス

  • オランプロローグス・ブリチャージ

    オランプロローグス・
    ブリチャージ