1F カピバラテラス

草原の支配者、カピバラ

世界最大級のネズミであるカピバラは、アマゾン川流域にすみ、木の葉や水中の草などを食べて過ごします。カピバラとは現地の言葉で「草原の支配者」という意味です。

泳ぎや潜水も得意な水辺の生き物

カピバラは、タワシのような硬い体毛に覆われ、四肢の指の間には水かきがついています。天敵などから身を隠すために、水中に5分以上潜ることもあります。

カピバラの水かき
カピバラのエサやり

見て、ふれて、癒される

毎日開催しているふれあい体験では、カピバラにエサをあげることができます。とぼけた顔とそのしぐさを見ているだけでも癒されてしまいます。