世界淡水魚園水族館 アクア・トトぎふ

お知らせ・ニュース

2018年のプレスリリース

若アユの川のぼりを水槽で再現しました!

2018.03.13

世界淡水魚園水族館「アクア・トト ぎふ」(岐阜県各務原市 館長:谷村俊介)は、アユが遡上を始めるこの時期に合わせて、川を上る若アユと長良川の河川敷をイメージした水槽を設置いたしました。

これは、季節や年中行事などを水槽で表現する「テーマ水槽」で展示するものです。

3月から4月、ちょうど長良川河川敷に菜の花が咲きだす頃、海で成長したアユは川を上り始めます。この時期のアユは、初夏に市場に出回るアユに比べると体はずいぶん小さく、模様もはっきりしていませんが、上流まで川を遡るその姿は躍動感にあふれ、生き生きとした様子を見せてくれます。

今回の展示では、水槽内で川の流れを再現し、流れに逆らって泳ぐ元気な若アユの姿をご覧いただけます。時折、石についたコケをはむ姿も観察することができます。

展示期間 4月16日まで
展示場所 1階 エントランス
料金 どなたでも無料でご覧いただけます。