世界淡水魚園水族館 アクア・トトぎふ

おもしろ飼育日記一覧
おもしろ飼育日記一覧

2018.07.18 (水)

野口

こんにちは。

先月の話になりますが、父の日の特別水槽「イクメン・トトのトトベビー」をご覧になりましたか?

展示期間はあっという間に過ぎてしまいましたが、普段はなかなか展示できない稚魚をお見せすることができました。

イクメンとしてご紹介しましたが、実際にその様子まではお伝えできなかったので、改めてご紹介しようと思います。

今回展示した魚類の一つ、ウシモツゴです。

ウシモツゴを繁殖させている、水族館の裏側の水槽で撮影したものです。

卵を産みやすいように塩ビ管を沈めて、そこにウシモツゴが産卵できるようにしています。

黒光りしているような立派なオスが卵を守っています。

なわばり意識が強く、近づいてきた他のウシモツゴを追い払う様子が観察できます。

真っ黒で、いかつい感じになっていますが、一生懸命に卵を守る様子はまさにイクメンです。

ただ、とにかくやることが多くて忙しそうです。

 

卵を守る前の段階、産卵するときの様子もご覧ください。

こちらはウシモツゴの展示水槽での様子です。

流木に体をこすりつけるようにして産卵しますが、それはほんの一瞬の出来事で、これを何回も繰り返して細い流木へきれいに卵を産み付けていきます。

ウシモツゴやモツゴは、こういう流木や石に好んで産卵するので、野外の川やため池などで注意深く観察すると卵を見つけることもできます。

あと、オスとメスの体格差がけっこうあっても、ペアが成立するのも興味深いところです。

展示水槽でも、動画のように産卵している様子が時折観察できるので、ぜひご注目ください。

 

2018年07月の一覧 | 記事URLを表示

カテゴリー  日本淡水魚
キーワード 野口
前のページへ次のページへ
カテゴリ
バックナンバー