世界淡水魚園水族館 アクア・トトぎふ

ニュース

2018年のニュース

7月14日(土)~7月16日(祝)は幼児・小学生の方は無料で入館できます

2018.07.08

7月14日は当館の開館記念日。おかげさまで開館14周年を迎えることとなりました。

開館記念日を記念いたしまして、7月14日(土)~7月16日(祝)の3日間は、幼児と小学生の方の入館料金を無料とさせていただきます。

新しい企画展が7月14日からスタート予定です。ご入館いただいた皆様は、もちろん企画展をご覧になったり、館内企画にも通常通りご参加いただけます。

この機会にぜひ、ご家族おそろいで、アクア・トトぎふにお越しくださいね!

実施期間 平成30年7月14日(土)~7月16日(祝)
実施内容 上記期間は、幼児・小学生の方は無料で入館できます。
(通常料金:幼児 370円 小学生750円)
備考 館内催事や企画展もご覧いただけます。

 

第14回 アクア・トト ぎふ写生大会 受賞作品を展示しました!|世界淡水魚園アクア・トトぎふ - 岐阜県各務原市の水族館
ニュース

2018年のニュース

第14回 アクア・トト ぎふ写生大会 受賞作品を展示しました!

2018.06.30

第14回アクア・トト ぎふ写生大会の受賞作品を、館内に展示しました。

この作品は3月24日~5月6日の「第14回アクア・トト ぎふ写生大会」において応募されたもので、応募総数133点と大変多くの作品の中から、優秀作品25点を選考しました。

生き物の特徴をとらえた絵や迫力満点な絵など、どの作品も見ごたえのあるものばかりです。

展示期間 平成30年6月30日(土)~9月3日(月)
展示場所 1階 ガレリア(出口ゲート付近)

 

【アクア・トト ぎふ カワウソウィーク!!】 カワウソクイズ&キャンペーン 正解発表!|世界淡水魚園アクア・トトぎふ - 岐阜県各務原市の水族館
ニュース

2018年のニュース

【アクア・トト ぎふ カワウソウィーク!!】 カワウソクイズ&キャンペーン 正解発表!

2018.06.19

5月30日「世界カワウソの日」に合わせて開催した「アクア・トト ぎふ カワウソウィーク!!」。

イベントの中で実施しておりました「カワウソクイズ&キャンペーン」の正解を発表いたします。


【キャンペーン問題】

カワウソの英語の呼び名は何でしょう?

(1)カッター (2)オッター (3)ニッパー (4)ペッパー

正  解  (2)オッター

[世界カワウソの日]

毎年5月の最終水曜日はInternational Otter Survival Fund(国際カワウソ生存基金)により、「World Otter Dayワールドオッターデイ(世界カワウソの日)」と制定され、この日は世界中のカワウソの現状について広く知ってもらうためのイベントや保護に関する活動が行われています。

たくさんのご応募ありがとうございました!

当選者の皆さま(30名様)には、カワウソグッズをお届けいたします!※6月下旬予定

※当選発表は、商品の発送をもって代えさせていただきます。

 

ヒダサンショウウオが産卵いたしました|世界淡水魚園アクア・トトぎふ - 岐阜県各務原市の水族館
プレスリリース

2018年のプレスリリース

ヒダサンショウウオが産卵いたしました

2018.05.23

当館で飼育しておりますヒダサンショウウオが産卵、その卵嚢(らんのう)を展示いたしました。
長期飼育下でのヒダサンショウウオの産卵例は非常に珍しく、ほとんど例がありません。

ヒダサンショウウオは絶滅が心配されている希少な両生類で、環境省レッドリスト、岐阜県レッドデータブックには、準絶滅危惧種として記載されています。関東地方から中国地方にかけての山地に生息しており、ふだんは森の中の落ち葉の下や土の中でくらしています。自然下では、渓流中の大きな石の下などに1対の卵嚢を産みつけます。

今回当館で産卵したのは、バックヤードの繁殖水槽で飼育していた個体で、5月9日に産卵を確認いたしました。青みがかった虹色光沢をもつ卵嚢の中には、40個の卵が入っています。

野外では、ヒダサンショウウオは親も含めて、卵嚢はなかなか目にすることができません。また、流水産卵性種の飼育下繁殖はほとんど例がありません。この産卵を機に、小型のサンショウウオや身の回りの自然環境に関心を持つきっかけになれば幸いです。

 

幻の魚ともいわれるサツキマスが今年も長良川に帰ってきました|世界淡水魚園アクア・トトぎふ - 岐阜県各務原市の水族館
プレスリリース

2018年のプレスリリース

幻の魚ともいわれるサツキマスが今年も長良川に帰ってきました

2018.05.08

当館では、今年長良川で捕獲された天然のサツキマスの展示を開始いたしました。

サツキマスは、河川の上流域に生息するアマゴが海へ下り、産卵のために川を遡上してきたもので、ちょうど今の時期、サツキの花が咲く頃に、川を上りはじめます。生まれた川に戻ってきたサツキマスは、川の上流で産卵後、その短い一生を終えます。

キラキラと銀色に光り輝くその姿はとてもきれいで、まさに長良川のシンボルフィッシュとよぶにふさわしい姿をしています。5月7日現在、5尾のサツキマスを展示しております。

かつて、サツキマスは長良川をはじめ、木曽三川などにたくさん生息していましたが、河川環境の変化などにより数が減少してしまいました。

この機会にぜひ、銀色に輝くサツキマスが泳ぐ姿をご覧くださいね。

展示場所 水族館4階~3階 ”滝壺の魚”水槽
展示数 5尾(5月7日現在)
※捕獲状況により展示数が更新されることがあります
料金 無料(入館料のみでご覧いただけます)

 

年間パスポートイベント情報 記載ミスのお詫び|世界淡水魚園アクア・トトぎふ - 岐阜県各務原市の水族館
ニュース

2018年のニュース

年間パスポートイベント情報 記載ミスのお詫び

2018.04.27

年間パスポートをお持ちのお客様にイベントのご案内を発送いたしましたが、一部のお客様のお名前に記載ミスがございました。お客様には不快な思いをおかけし、大変申し訳ございません。ご迷惑とご心配をおかけいたしましたことを心よりお詫び申し上げます。

 

混雑時のチケット購入は前売券がおススメです!|世界淡水魚園アクア・トトぎふ - 岐阜県各務原市の水族館
ニュース

年のニュース

混雑時のチケット購入は前売券がおススメです!

2018.04.27

GWやお盆など大型連休は、チケット購入および
年間パスポート手続きにお時間がかかることが予想されます。
事前購入いただきますと、当日スムーズにご入館いただけます。

アクア・トト ぎふの前売券および年間パスポート引換券は、
コンビニエンスストア各店舗(※)でもご購入いただけます。
チケット購入の際はぜひご活用ください。

<< 年パスの当日手続きがさらにスムーズに! >>

年パスを購入、更新時にご記入いただく申込用紙を
下記よりダウンロードいただけます。
事前にプリントアウトの上ご記入いただいたものを
ご持参いただきますと、当日のお手続きがスムーズになります。
◎混雑時は年間パスポートのお渡しが、後日になる場合がございます。

年パス申込書はこちらよりダウンロードいただけます。

販売店舗
(※)
・サークルKサンクス ・ローソン ・セブンイレブン
・ファミリーマート ・ミニストップ ・チケットぴあ

<年間パスポート引換券 取扱い店>
・セブンイレブン ・チケットぴあ
有効期限 店舗により異なります。ご確認の上購入ください。
※年間パスポート引換券は購入日から1ヶ月。
注意事項 ※各種割引につきましては、水族館チケット窓口にて直接ご購入ください。
※購入後の取り消し、払い戻しはできません。
※チケットには有効期限がございます。期限をご確認のうえご利用ください。
※その他注意事項がございますので購入時にご確認ください。
※年間パスポートの発行には所定のお手続きが必要です。
※写真撮影が必要なため、ご本人様のご来館が必要です。

 

アシカのツボミ お休みのお知らせ|世界淡水魚園アクア・トトぎふ - 岐阜県各務原市の水族館
ニュース

2018年のニュース

アシカのツボミ お休みのお知らせ

2018.04.25

体調管理のため、ツボミのショーはお休みとなります(再開日は未定)。なお、アシカショーは変更なく開催いたします。

 

※アシカショーの開催時間はこちらをご覧ください。

 

カピバラの水中トレーニングを公開します!|世界淡水魚園アクア・トトぎふ - 岐阜県各務原市の水族館
プレスリリース

2018年のプレスリリース

カピバラの水中トレーニングを公開します!

2018.03.23

当館では、世界最大のネズミの仲間、カピバラを展示飼育しております。このたび、期間限定でカピバラの水中トレーニングの様子を公開することになりました。

カピバラは、アマゾン川流域に生息する水辺の生物で、指の間には水かきがついており、泳ぎが得意です。敵から逃げるために5分以上も水の中に潜ることができます。

このトレーニングは、このようなカピバラの生態や体の特徴をより深く知っていただこうと、カピバラの担当スタッフが昨年から取り組んでいるもので、展示している4頭のうちの1頭、「ラーゴ」という個体に対しトレーニングを重ねております。

ターゲットといわれる目印を使ってスタッフがカピバラに指示を出すと、その動きに合わせてカピバラが立ち上がったり水の中を泳ぎ回ったりします。

最近では、トレーニングを積み重ねてきた成果があらわれ、ある程度スタッフの指示どおりに動くことができるようになりました。

今回の公開トレーニングはその成果をご覧いただこうと企画されたもので、春休みの土日限定で展示飼育スタッフの解説とともにご覧いただけます。

普段とは違うカピバラの一面や生態などについて知っていただくことで、生き物に関心を持つきっかけになれば幸いです。

実施日 3/24(土)、3/25(日)、3/31(土)、4/1(日)
実施時間 各日 15:30~
観覧料金 入館料のみでご覧いただけます
実施場所 水族館1階 カピバラテラス
備考 生物の体調などにより内容が変更になる場合があります

 

若アユの川のぼりを水槽で再現しました!|世界淡水魚園アクア・トトぎふ - 岐阜県各務原市の水族館
プレスリリース

2018年のプレスリリース

若アユの川のぼりを水槽で再現しました!

2018.03.13

世界淡水魚園水族館「アクア・トト ぎふ」(岐阜県各務原市 館長:谷村俊介)は、アユが遡上を始めるこの時期に合わせて、川を上る若アユと長良川の河川敷をイメージした水槽を設置いたしました。

これは、季節や年中行事などを水槽で表現する「テーマ水槽」で展示するものです。

3月から4月、ちょうど長良川河川敷に菜の花が咲きだす頃、海で成長したアユは川を上り始めます。この時期のアユは、初夏に市場に出回るアユに比べると体はずいぶん小さく、模様もはっきりしていませんが、上流まで川を遡るその姿は躍動感にあふれ、生き生きとした様子を見せてくれます。

今回の展示では、水槽内で川の流れを再現し、流れに逆らって泳ぐ元気な若アユの姿をご覧いただけます。時折、石についたコケをはむ姿も観察することができます。

展示期間 4月16日まで
展示場所 1階 エントランス
料金 どなたでも無料でご覧いただけます。