世界淡水魚園水族館 アクア・トトぎふ

おもしろ飼育日記一覧
おもしろ飼育日記一覧

「砂に溶け込む魚」かくれじょうず通信③

2018.05.16 (水)

近藤

みなさん、こんにちは!!

企画展ブログ第3弾は、砂に溶け込む魚、「ヒラメ」の紹介です!!

誰もが一度は見たこと、あるいは、聞いたことがあるのではないでしょうか?

「左ヒラメに右カレイ」なんて、よくいいますよね?

ヒラメは、両目が左側についている魚です。

 

そして、大きな口に鋭い歯も持っているんです。

 

そんなヒラメが砂に溶け込んでいる姿を、みなさんは直接ご覧になったことがあるでしょうか?

 

そんな姿をご覧いただこうと思い、あえて、レイアウトはせず、砂砂砂の水槽にしています!!

(※レイアウトがめんどくさくて、砂しか入れてないわけじゃないんですよ!!!)

 

まわりの色に合わせて体色を変化させることのできるヒラメは、私たちの思惑通り、見事に砂に溶け込んでくれました。

いるのに、わからない!!

 

というレイアウトを目指している今回の企画展で、砂しかない水槽で見事にそれを成し遂げたヒラメに感動です。

 

しかし、若干砂の中に入り込んだりもしていて・・・

かくれんぼレベルは5段階中「3」ですが、わたしたちも探すのに苦労することがあります・・・。

そこで、見つけるヒントをひとつ、みなさんにも教えちゃいましょう!!

それは

ヒラメの目です!!

 

どんなに上手に隠れていても、周りを見るために両目は外に出しているんです!!

こんな風に・・・

小さな石に見えなくもないですが、水槽の中をのぞくと、キョロキョロと周りを見回していることも多いので是非、静かに動いているヒラメたちの目を探してみてくださいね!!!

 

では、最後に・・・

ヒラメはどこにいるでしょう?

探してみてくださいね!!!!!

 

あ。

全部で4匹いますので!!!
 

 

 

2018年05月の一覧 | 記事URLを表示

カテゴリー  特別展・企画展
キーワード 近藤
前のページへ次のページへ
カテゴリ
バックナンバー