世界淡水魚園水族館 アクア・トトぎふ

おもしろ飼育日記一覧
おもしろ飼育日記一覧

「トトラボにもいるよ!」かくれじょうず通信⑤

2018.06.30 (土)

エント

ナナフシ、ってご存知ですか?

木の枝にそっくりな昆虫として有名ですよね。

けれど「名前は聞いたことあるけど、見たことない」という方も多いのではないでしょうか。

 

そこら中にたくさんいる虫なのですが、その特徴のとおり枝に紛れてなかなか人目につきません。まさに「かくれじょうず」。

 

ということで、現在トト・ラボにて、ナナフシモドキ(ナナフシ)を展示しております!

何匹いるか分かりますか?

 

ちょっと1匹出てきてもらいました。節くれだった感じとか、ほんとに枝っぽいですね。

 

このナナフシモドキ、4月からずっと飼育しているのですが、こんな発見もありました。

 

ナナフシの仲間はとても足が取れやすい生き物です。展示するために捕まえた個体の中にも、足が1本ないものを見つけました。

 

「あー、足取れちゃってる。これ、また生えてくるのかな・・・」

そう思ってよく見ると、そこにはすでに小さな足が生えかけていました(矢印)。

 

あれ、でもなんか変だぞ・・・足が丸い・・・??

 

写真を拡大してみると、確かに足の先がくるりと丸まっています。なんだこれ。

 

調べてみるとナナフシモドキは、足が取れてしまった時、

 

足取れる→脱皮→丸まった足が生える→脱皮→足が伸びて元の長さに戻る

 

という過程を経て、元通りになるんだそうです。

知らなかったなー。でもどうして丸まってるんだろう?

 

 

ナナフシモドキはアクア・トト ぎふがある公園内にもたくさんいますので、トト・ラボで特徴を覚えたら探しに行ってみてはいかがでしょう?

エノキやアキニレ、サクラの葉によくくっついています。
 
 

2018年06月の一覧 | 記事URLを表示

カテゴリー  特別展・企画展
キーワード エント
前のページへ次のページへ
カテゴリ
バックナンバー