新型コロナウイルス感染防止対策について
【ご来館前に必ずお読みください】

世界淡水魚園水族館 アクア・トトぎふ

ニュース

2021年のニュース

世界淡水魚園水族館従業員の新型コロナウイルス感染判明について

2021.06.01

世界淡水魚園水族館アクア・トトぎふに勤務する従業員1名が、新型コロナウイルスの検査で「陽性」と確認されました。
当該従業員は、業務従事中は常時マスクを着用し、定期的な手洗い、うがい、手指の消毒などを徹底して業務に従事しておりましたが、当館を利用された方で万一体調の悪化が表れた場合には、最寄りの保健所にご相談いただくようお願いいたします。
当館では、お客さま、関係先の皆さま、全従業員の安全を最優先し、岐阜県をはじめとする関係機関の方針に基づき、感染症拡大の防止に向けて取り組んでまいります。

1 感染者の勤務状況
5月27日(木) 勤務(マスク着用)
5月28日(金) 勤務(マスク着用)
5月29日(土) 勤務(マスク着用)
5月30日(日) 休暇
5月31日(月) 発熱、医療機関を受診して検査を行ったところ「陽性」と判明

2 濃厚接触者
濃厚接触者は確認されませんでした。

3 当館の対応
・当該従業員が接触した可能性のある箇所の消毒作業は実施済です。
・当館では、新型コロナウイルス感染予防対策ガイドラインに沿って、日頃より業務従事中のマスク着用と定期的な手洗い、うがい、手指の消毒などの実施を徹底しております。今後も、倦怠感を感じたら迷わず休暇を取得するなど、新型コロナウイルス感染拡大防止に向けて、関係機関との連携を図り、引き続き必要な措置を適切に講じてまいります。
・当館については、従業員に濃厚接触者が確認されなかったこと、消毒作業を完了したことから、通常通りの営業を行っています。

4  その他
当該従業員・ご家族の人権尊重と個人情報保護に、ご理解とご配慮をお願いいたします。

 

川島大橋の通行止めにつきまして|世界淡水魚園アクア・トトぎふ - 岐阜県各務原市の水族館
ニュース

2021年のニュース

川島大橋の通行止めにつきまして

2021.05.28

県が管理する松原芋島線「川島大橋」において、橋脚の異常が確認されました。このため、安全が確認されるまでの間「全面通行止め」となっております。通行止めの期間は、各務原大橋や、県道川島三輪線「平成川島橋」をご利用ください。ご迷惑をおかけしますが、ご理解・ご協力をお願いいたします。
なお、曜日や時間帯によっては水族館付近の道路が渋滞いたしますので、ご注意くださいますよう重ねてお願いいたします。

通行止め期間
5月28日(金曜日)午後10時~(解放時期は未定)

通行止めの情報は、岐阜県のウェブサイトをご覧ください。
https://www.pref.gifu.lg.jp/site/pressrelease/155765.html

 

繁殖期を迎えた魚たちが婚姻色でドレスアップ|世界淡水魚園アクア・トトぎふ - 岐阜県各務原市の水族館
ニュース

2021年のニュース

繁殖期を迎えた魚たちが婚姻色でドレスアップ

2021.05.19

この時期に繁殖期を迎えた魚たちに、見事な婚姻色があらわれています。

 

婚姻色は繁殖期になるとあらわれる体色で、一般的にはオスにあらわれます。性ホルモンが活発に分泌されることによって引き起こされる色の変化は、ヒレ、顔など体の一部にみられるものから体全体におよぶものなどさまざまです。

春から初夏にかけての時期、当館では主にコイ科の魚が繁殖期を迎えています。タナゴの仲間などには目を惹く派手な色が現れ、ウシモツゴなどには黒や褐色といった渋みのある色が現れています。

水槽内では、同じ種類のオスに対して自分の強さを誇示し、同じ種類のメスに対しては求愛のためのアピールが繰り広げられています。他のオスに比べてより強く婚姻色を出すことは、自分の子孫を残すことにつながるのです。

この時期だからこそ見ることのできる、魚たちが生き抜くための力強い姿にご注目ください。

場所 館内各所

 

【当館来館者の新型コロナウイルス感染判明について】|世界淡水魚園アクア・トトぎふ - 岐阜県各務原市の水族館
ニュース

2021年のニュース

【当館来館者の新型コロナウイルス感染判明について】

2021.05.11

【岐阜県からのお知らせ:当館来館者の新型コロナウイルス感染判明について】

令和3年5月4日当館に来館された方が新型コロナウイルスに感染していたことが、5月10日に判明しましたのでお知らせします。
詳細は、以下の岐阜県ホームページをご覧ください。

https://www.pref.gifu.lg.jp/site/pressrelease/151745.html

当館では、引き続き感染拡大防止対策を万全にしてまいります。

 

令和3年度 野生生物保護功労者表彰 環境大臣賞を受賞いたしました|世界淡水魚園アクア・トトぎふ - 岐阜県各務原市の水族館
ニュース

2021年のニュース

令和3年度 野生生物保護功労者表彰 環境大臣賞を受賞いたしました

2021.05.10

当館ではこの度、令和3年度野生生物保護功労者表彰、環境大臣賞を受賞いたしました。

これは、野生生物保護に関し特に顕著な功績のあった個人、学校及び団体に対し、その功績をたたえるために実施されています。


当館は2004年に開館してからこれまで、ウシモツゴやイタセンパラ、ハリヨなど地域の絶滅危惧種の保全活動を地道に進めて参りました。また、ほかの水族館等に希少種の飼育繁殖を呼びかけ複数施設での繁殖ネットワークを作るなど組織の枠を超えた連携を推進して参りました。15年以上が経過し、ようやくその成果が現れ始めたと実感しています。
今回このような賞を受賞できたことは率直に嬉しいですし、これに驕ることなく地域の自然を守る取組みを今後も継続していきます。(館長 池谷幸樹)


 

功績概要

①世界最大級の淡水魚水族館として、木曽三川の源流や世界の川に生息する水生生物の魚類・昆虫類・両生類・鳥類等を、生息地を再現して展示し、環境学習の場として、多くの人に親しまれている。

②水族館職員が木曽川中流域で絶滅したと思われたイタセンパラを再発見したことより、保護増殖事業に取組み、安定的な飼育技術の向上や複数施設間での親魚を交換するネットワークを構築する等、飼育・繁殖の技術向上に貢献している。

③アベサンショウウオやアユモドキ等、国内外の希少種に関する調査・研究・飼育・繁殖及び普及啓発に取組み、様々な水生生物の保護増殖事業に貢献している。

野生生物保護功労者表彰とは

都道府県等により推薦された者につき、環境省、文科省、林野庁、日本鳥類保護連盟担当者ほか専門家5名から成る野生生物保護功労者表彰審査会の審査を経て各賞の受賞者を内定。環境省においては環境大臣賞6件及び環境省自然環境局長賞6件が決定されました。

 

長良川の天然サツキマスを展示しました|世界淡水魚園アクア・トトぎふ - 岐阜県各務原市の水族館
ニュース

2021年のニュース

長良川の天然サツキマスを展示しました

2021.05.08

サツキの花が咲く季節、今年も長良川にサツキマスが帰ってきました。

サツキマスは上流域に生息するアマゴが海へ下り、産卵のため川を遡上してきたものです。冬に上流でふ化した稚魚は翌年の秋ごろに海を目指して川を下ります。海では沿岸域のとどまり、春に海と川の水温が同じくらいになる4~5月、サツキの花が咲く頃に川を上りはじめ、夏には上流にたどり着きます。そして繁殖後、約2年の一生を終えます。

キラキラと銀色に光り輝くサツキマスはとてもきれいで、まさに長良川のシンボルフィッシュと呼ぶにふさわしい姿をしています。サツキマスは長良川をはじめ、木曽三川などにたくさん生息していましたが、河川環境の変化などにより数が減りつつあります。

同じ種類でも生活史により呼び方の変わるサツキマス。自然に目を向けることが少なくなってしまった現代だからこそ、展示を通して身近な川にもこんな生き物がいることを知っていただけますと幸いです。


 

展示協力:長良川漁業協同組合

 

岐阜県内の新型コロナウイルス感染拡大の状況に伴うイベント休止のお知らせ|世界淡水魚園アクア・トトぎふ - 岐阜県各務原市の水族館
ニュース

2021年のニュース

岐阜県内の新型コロナウイルス感染拡大の状況に伴うイベント休止のお知らせ

2021.05.07

岐阜県内の新型コロナウイルス感染拡大の状況を鑑み、5月、6月に予定しておりました下記のイベントの実施を見合わせることになりました。

ご期待、ご参加いただいた皆様には誠に申し訳ございません。何卒ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。

【実施予定日】 【内容】
4月29日~5月30日 ものづくりワークショップ「おさかな石けんをつくろう」
5月7日~5月31日 SNS投稿企画「#アクアトトであかを探そう」
5月23日 アクア・スクール「ヨシノボリ釣りをしよう!」
5月22日~ カワウソウィーク
※パネル展示のみ実施
6月13日 アクア・スクール「新境川たんけんたい」

尚、館内プログラムやアシカショーなどは当面の間中止しております。

詳しくは新型コロナウイルス感染防止対策のページをご覧ください。

 

コツメカワウソの「ミナミ」が死亡しました|世界淡水魚園アクア・トトぎふ - 岐阜県各務原市の水族館
ニュース

2021年のニュース

コツメカワウソの「ミナミ」が死亡しました

2021.04.12

当館で展示飼育しておりましたコツメカワウソ「ミナミ」が、2021年4月9日に死亡しましたのでお知らせいたします。

種名 コツメカワウソ
性別 メス
出生日 2003年8月28日(17歳)
死亡日 2021年4月9日(土)
午後1時頃死亡
死因 肝臓および脾臓の腫瘍、腎不全が認められましたが、その他合併症、原因については調査中です。
経過 2月頃から食欲低下や貧血がみられ、整腸剤や消化酵素剤、貧血治療剤等で治療してきました。4月初めより後肢を動かすことが難しくなり、活力低下や食欲低下を認め、4月9日午後1時頃に死亡を確認しました。

 

団体様向け学習プログラム再開について|世界淡水魚園アクア・トトぎふ - 岐阜県各務原市の水族館
ニュース

2021年のニュース

団体様向け学習プログラム再開について

2021.04.01

新型コロナウイルス感染防止対策のため中止しておりました団体様向け学習プログラムを内容・定員等を制限して再開いたします。

下記をご確認いただき、ご希望の際はお問合せください。

 再開するプログラム

レクチャー

※中止を継続するプログラム:ワークシート(クイズラリー等)、クラフト、実験、バックヤードツアー

 実施日

平日のみ

※土日祝は中止を継続

※ご利用日によって受付開始日が異なります。下記をご確認ください。

 受付開始日

 プログラム開始時間

9:50~、10:40~、11:30~、12:20~、13:10~

 参加定員

各回50名様

 ご予約方法

  • ご来館日、ご希望内容がお決まりになりましたら、団体入館予約の際にお申込みください。
    ※ご予約はご利用日の1か月前までとなります。(4月のご予約をご希望される場合はお問合せください)
  • ご希望に添えない場合もございますので予めご了承ください。

※上記内容については、今後の状況により変更する場合がございます。(2021.4.1)

 

団体様でのご入館について|世界淡水魚園アクア・トトぎふ - 岐阜県各務原市の水族館
ニュース

年のニュース

団体様でのご入館について

2021.04.01

新型コロナウイルス感染防止対策のため、団体様でのご利用につきまして下記の通りご入館予約の内容を制限させていただいております。

ご予約を承れない場合、ご希望に添えない場合もございますので予めご了承ください。

皆様のご理解ご協力をお願い致します。

  • 1日の入館人数を制限させていただく場合がございます。
  • 上記に伴い、ご予約が集中した場合は、入館時間の変更をお願いすることがございます。
  • 事前の入館予約をお願いします。
  • 「雨天時のみ来館」のご予約は承れません。
  • 館内でお弁当をお召し上がりいただくことはできません。
  • 団体様向け学習プログラムは内容・定員等を制限してご予約を承っております。
    ※詳しくはこちらをご覧ください。
  • ご入館にあたっては、マスクの着用、検温、手指の消毒をお願いします。
  • 当館の新型コロナウイルス感染防止対策はこちらからご確認ください。

 


※上記内容については、今後の状況により変更する可能性がございます。(2021.4.1)