新型コロナウイルス感染防止対策について
【ご来館前に必ずお読みください】

世界淡水魚園水族館 アクア・トトぎふ

おもしろ飼育コラム一覧
おもしろ飼育コラム一覧

うすっぺらなシクリッド

2020.12.22 (火)

堀江真

こんにちは。

おもしろ飼育コラムでたびたび登場する「タンガニーカ湖の魚」水槽。

今回もこの水槽からアルトランプロローグス・コンプレシケプス(以下コンプレ)をご紹介します。

このコンプレもシクリッドの仲間で、ひときわ薄っぺらい体が特徴です。

 

横から見るとこう ↓

 

ですが、

 

前から見るとこう ↓

 

 

上から見るとこう ↓

 

ものすごく薄っぺらい。

 

この薄っぺらい体をいかして、岩のすき間に入りこんでいるエビを食べたりします。

 

 

 

さて、このコンプレが、最近、水槽中央あたりに集うようになりました。

これはきっと繁殖の予兆だろう。

と思い、数日間待ってから集っている場所をのぞいてみました。

 

 

この穴があやしい。

 

穴の中には…。

 

思った通り、卵がありました!

卵はくっついていて、ひとつの固まりになっていました。

200個ぐらいはあったでしょうか。

上の写真の分だけ拝借して、残りは親に任せることにしました。

 

 

それにしても、白くて透明感がない卵。これはもうだめなのでは…?

と、不安もありましたが、

 

2日後 ↓

 

だめじゃなかったです!

ほとんどの卵が無事にふ化しました。

 

ぶるぶるぶるぶると絶えず小刻みに運動していました。

 

 

その後は大きな卵黄を上に向け、あおむけの状態でじっとしていました。

 

そして、ふ化から12日後、おあむけではなくなり、エサを食べるようになりました。

 

か、かわいい。

 

かわいい…。

 

今のところ、体は薄っぺらくなく、底でじっとしていてハゼのような感じです。

他のシクリッドの稚魚と比べると、体色が黒くて口がちょっと突き出ています。

このあたりはコンプレらしいですね。

 

他のシクリッド① ペリソダス・ミクロレピス ↓

 

 

他のシクリッド② ネオランプロローグス・ブレビス ↓

 

 

コンプレの卵や稚魚を観察するのは、今回が初めてなので、

ここから、どんなふうに成長していくのか。

どのあたりから薄っぺらい体に変化していくのか…。

変化が楽しみです。

 

 

2020年12月の一覧 | 記事URLを表示

カテゴリー  アクア・トトの生物
キーワード 堀江真
前のページへ次のページへ
カテゴリ
バックナンバー

新型コロナウイルス
感染防止対策について

【ご来館前に必ずお読みください】