新型コロナウイルス感染防止対策について
【ご来館前に必ずお読みください】

世界淡水魚園水族館 アクア・トトぎふ

おもしろ飼育コラム一覧
おもしろ飼育コラム一覧

オオアタマガメのフィーデングウォッチやりました!!!!

2018.10.22 (月)

近藤

みなさん、こんにちは。

先日、10月6・7・8日の3連休に「オオアタマガメのフィーデングウォッチ」を開催しました!!ご覧いただけたでしょうか?

 

今回は、残念ながら見れなかった!!!という方の為に、イベントの様子をちょっと紹介しようと思います。

さて、「オオアタマガメのフィーデングウォッチ」ですが、実は開催するのは今回で2回目。

2年前の10月に行ったことのあるイベントなんです。

オオアタマガメは、名前の通り、頭が大きすぎるカメ。

ですが、特徴はこの頭だけではなく、力強い手足にとても長いしっぽ、鋭いくちばしなど、とてもとても、おもしろい特徴をもつカメなんです。

そして、この長いしっぽで野生下では、枝にぶら下がることができると言われています。

 

こんなにおもしろいカメなのですが、展示をすると普段はジッとしており、そのおもしろさがなかなか伝わらい・・・。

ということで、展示槽内でも元気でアクティブに動くカメの姿を見せたいと思い、「カメのトレーニング」を行うことにしたのが、始まりでした。

 

さあそして、肝心のイベントなんですが、、、

もう、大盛況!!!!!(と、私は思っています。)

 

多くのお客様に、元気な姿をお見せすることができたんじゃないでしょうか。

 

展示水槽前で一人のスタッフがカメの生態などについてガイドをしながら、私がバックヤードでトレーニングをし、その様子を観察してもらうというもので、小さな水槽ではありますが、大勢の方に見ていただけて、わたしも満足です。

そしてオオアタマガメの様子ですが、2年前に実施した時よりも、よりしっぽを使うところが観察できるようになりました。

元気に動かしたり、枝に巻きつけようとしたりとだいぶしっぽを使うことが上手になってきました。

 

私は、バックヤードにいたので残念ながら聞こえませんでしたが、「がんばれー!」と、声をかけてくださった方もいたと聞いて、とてもうれしかったです。(私ではなく、カメにですけど笑)

なかなか、しっぽだけで枝にぶら下がるのは難しいですが、なんとかして、野生下での行動を引き出せたらな・・・と思っております。

 

という感じで、ガイドは無事に終えることができましたが、3日間って、あっという間ですね。

次は、いつ開催できるかわかりませんが、また、やりたいですね。

これからもトレーニングは続けていくので、今回ご覧になった方も、そうでない方もその際はぜひ、見にきてください!!

 

ちなみに、カメのトレーニングは、週に何回か行っていますので、ガイドはありませんが、運が良ければ見ることができます!!

場所は、水族館2F「雲南省の生き物」にある、オオアタマガメ水槽です。

みなさまが、応援しに来てくれるのをオオアタマガメと一緒にお待ちしております。

 

あ!!!!!
あとですね、このオオアタマガメのトレーニングの取り組みについて、市民ズーネットワークという団体が開催している「エンリッチメント大賞2018」に応募してみました。

 

(エンリッチメントとは、「動物福祉の立場から飼育動物の幸福な暮らしを実現するための具体的な方策」のことです。簡単にいうと、野生下に比べるとどうしても単調になりがちな飼育環境を改善するために行われている取り組くみのことです。遊具を与えたり、エサを隠して動物に探す行動をさせたりとかです。)

 

残念ながら大賞をとることはできませんでしたが、なんと、1次審査を通過することがでました!!!!!

 

哺乳類などでは、よく行われているエンリッチメントですが、両生類爬虫類では、まだまだ浸透していません。

 

今回この賞に応募をして、少しでも多くの方にこのカメの取り組みについて知ってもらって、少しでも両生類爬虫類のエンリッチメントについて考えてくれる人が増えたらいいなと思っていました。

1次審査を通過することができ、関心を持ってくれる人がいることを嬉しく思います。

 

動物たちが本当のところ何を思っているのかは、わかりませんが、少しでも刺激的で良い環境を提供できるように、今後もできることをやっていこうと思います。

 

・・・なんだが、真面目な感じになってしまいましたが、

とりあえず、

オオアタマガメが好き!!!って人が増えるといいなーってことで!!!

トレーニング、がんばります!!笑

 

では!!

 

 
 

2018年10月の一覧 | 記事URLを表示

カテゴリー  爬虫類
キーワード 近藤
前のページへ次のページへ
カテゴリ
バックナンバー

新型コロナウイルス
感染防止対策について

【ご来館前に必ずお読みください】