新型コロナウイルス感染防止対策について
【ご来館前に必ずお読みください】

世界淡水魚園水族館 アクア・トトぎふ

おもしろ飼育コラム一覧
おもしろ飼育コラム一覧

パンタナール展の気になる魚 その②

2019.10.06 (日)

国崎

10月に入り涼しくなってきました。パンタナール展は連日賑わっております。

展示されている魚種で、個人的に好きな魚をピックアップしています。

 

今回はプラタ川での小枝や流木を再現した水槽

 

 

ここでの主役はタイトルの通り、枝にそっくりな魚ファロウェラですが、私のお気に入りは流木や枝の間を縫うように泳ぐ丸っこい魚・・・、それはシルバーダラーです。

 

日本で使われているこの名前は、ーアメリカ1ドル貨幣のような銀色に輝く丸っぽい魚からーきています。

 

 

 

開館10周年企画展での調査でペルーアマゾンに出向いた時、アマゾン川の支流でこの魚に出会うことができました。

 

 

体高のある丸っぽいカラシンは、常設展示のミロソマやメチニスなどのパクーの仲間と同様に私のお気に入りの魚のひとつであります。カラシン類はアゴや歯が発達しています。

シルバーダラーも丈夫なアゴと歯を持っていて、植物の葉や茎など植物質のものも食べることができます。

 

常設展示にもなんとシルバーダラーがいますよ!ご存知でしたか?

1階アマゾン川の魚Ⅰ シルバーアロワナのいる水槽です。

 

大型のパクーたちの影に隠れている感じはありますが、水槽の一番奥側、浮いている流木が集まっている場所の下に数尾ですがいつも群れています。

もう何年も飼育していますから大きい個体は全長15㎝位にはなっているでしょうか。

是非、探してみてくださいね!

 

画像が粗くてすいません。中央にいるのがシルバーダラーです。

2019年10月の一覧 | 記事URLを表示

カテゴリー  特別展・企画展
キーワード 国崎
前のページへ次のページへ
カテゴリ
バックナンバー

新型コロナウイルス
感染防止対策について

【ご来館前に必ずお読みください】