世界淡水魚園水族館 アクア・トトぎふ

おもしろ飼育コラム一覧
おもしろ飼育コラム一覧

パンタナール展の気になる魚 その③

2019.10.13 (日)

国崎

パンタナール展、ご覧になられましたでしょうか?

展示されている魚種で個人的に好きな魚を、またまたピックアップしてみます。

 

今回はプラタ川の砂地で、調査したスタッフが目にした「かわいい小さな魚たち」の水槽。

 

この水槽は以前、ロリカリアを紹介した水槽です。

水底でじっとしているロリカリアと対照的に、すばしっこく泳ぐ少し丸っこい魚がいます—アスティアナックスの仲間です

現地ではランバリと呼ばれています。

 

こちらも開館10周年企画展での調査でペルーアマゾンに出向いた時、アマゾン川流域の至る所で、たくさんのアスティアナックスたちに出会うことができました。

このグループは160種ほどが確認されているようです。大きなグループですね!

体高のある丸っぽいカラシンですが、常設展示のミロソマやメチニスなどのパクーの仲間と比べて、このグループは体が少し小さめで、全長10~15㎝程です。今回、展示することができたパンタナール産のアスティアナックスも渋いですね・・・

 

是非、ご覧ください!

 

2019年10月の一覧 | 記事URLを表示

カテゴリー  特別展・企画展
キーワード 国崎
前のページへ次のページへ
カテゴリ
バックナンバー