新型コロナウイルス感染防止対策について
【ご来館前に必ずお読みください】

世界淡水魚園水族館 アクア・トトぎふ

おもしろ飼育コラム一覧
おもしろ飼育コラム一覧

パンタナールに行った人の情報⑦

2019.10.21 (月)

河合

パンタナールに行った河合です。

7回目の情報です。

前回の続きで、展示できなかった魚や生き物の紹介です。

 

パロドン(Parodon nasus

現地名はドゥーロドゥーロ

 

何匹かの群れで泳いでいることが多く、流れが速いところもスイスイ泳ぎ、石についたコケをしょっちゅうモシャモシャしていました。

体側中央にある黒いラインが特徴的で、ムチムチしたこの体型も愛嬌たっぷりでした。展示したかった魚です。映像もあります。

 

 

レポレルス(Leporellus vittatus

現地名はわかりませんが…

レポリヌスに似ていますが口の形が少し違います。

体形は、どことなくウグイやズナガニゴイに似ていて、こんなストライプのウグイが日本にいたら、人気が出そうなのにな~って思いました。水深が浅い砂地や砂礫の場所で見かけました。

 

 

ホーリー(Hoplias malabaricus

現地名はトライーラ

このホーリーの仲間は、熱帯魚ファンなら知っている人気のある魚だと思います。

写真のこの位置からほぼ動くことなく、毎日同じ場所にいました。たまに人に驚きどこかに行ってしまいますが、しばらくすると同じ位置に戻ってきて、これまたかわいらしい魚でした。

 

 

ざっくりとですが カラシンの仲間(Steindachnerina brevipinna

現地名はサグァイロ

歯がないカラシンの仲間です。コイ科の魚みたいだなという記憶はありますが正直語るほどの記憶は…。

 

 

シクラソマ(Cichlasoma dimerus

現地名はカラ

この魚もすごく地味ですが、どこにでもいたわけでなく水際の木の根が茂るような場所に隠れていて、じっと待っていると出てくる魚でした。

 

 

 

そのほかにも、小枝のような細長い魚ファロウェラの卵

 

 

テナガエビの仲間や

 

 

サワガニの仲間

日本の川と同じように石の下に隠れていました。

 

 

 

企画展では映像だけでの紹介でしたが

オオカワウソや、キイロアナコンダにも出会いました。

 

 

次回は展示している生き物の写真紹介をします。

トンボもたくさんいたので、虫も少し紹介しようかな?

 

 

~追伸~

企画展のモニター映像も、2か所変更したので是非ご覧ください!

内容はこちら

1)なぜこんなに澄んだ水なのか

2)キイロアナコンダに遭遇

です。

是非会場でお楽しみください。

 

ではまた
 
 

2019年10月の一覧 | 記事URLを表示

カテゴリー  特別展・企画展
キーワード 河合
前のページへ次のページへ
カテゴリ
バックナンバー

新型コロナウイルス
感染防止対策について

【ご来館前に必ずお読みください】