新型コロナウイルス感染防止対策について
【ご来館前に必ずお読みください】

世界淡水魚園水族館 アクア・トトぎふ

おもしろ飼育コラム一覧
おもしろ飼育コラム一覧

パンタナールに行った人の情報⑧

2019.11.02 (土)

河合

パンタナールに行った河合です。

8回目の情報です。

 

今回は企画展会場内で展示している魚たち

オーリョダグア川(プラタ川支流)で見た魚たちの様子です。

 

 

まずは

現地名:マトグロッソ 直訳すると「深い森」

流通名はサーペ(キャリスタス)と呼ばれる魚で、熱帯魚の定番種です。

水槽の中でもきれいな赤色にはなりましたが、現地ではもっと赤くて驚きました!

 

 

現地名:モスィーニャ 直訳すると「お嬢さん」

ゼゼラのような体形の魚で、ちょこまかと良く動いていて、かわいらしい魚でした。

水槽の中で見ても泳ぎがかわいいので、じっくり見てくださいね。

映像は流れに耐えている様子です。

 

 

 

現地名:カスクード 現地ではコクリオドンとも呼びます。

現地ではプレコの仲間のことをカスクードと呼んでいます。おそらく体が硬いナマズのことを、そのように呼ぶのではないかと思います。

細めの木や流木があれば見つけることができ、口の吸盤で木にくっついています。

展示している個体は小さいですが、木の枝をよく探すと見つかります。

この魚は、たまにペットショップでアカプレコという名で売られています。

 

 

現地名:ピラーニャ カタリーナ 現地ではピラーニャや、カタリーナとも呼びます。

ずばりピラニアです。

ピラニアがいる川なんて大丈夫ですか?と質問されますが、襲われることなんてありません。

夜になると、草や枝の陰から出てくるそうですが、昼間は隠れていてほとんど見つけられません。じっくり探さないと出会えなかったです。

水槽を見ていただければ、どんな感じで生息していたのかイメージできますよ。

 

 

現地名:カスクード アロンガード アロンガードは直訳すると「細長い」

つまり細長くて硬いナマズの仲間ということなのでしょう。

日本ではファロウェラと呼ばれ、マニア向けの魚です。

現在、展示している魚の中では、みなさんじっくり探して、「わ~っいたいた」と声が上がる、とても人気の種類のように感じます。どこにいるのかじっくり見ないとわからないので、よく探してくださいね。

例えていうなら、枝にそっくりなナナフシを探すような感じでしょうか。

 

今回はここまでにします。

引っ張るつもりもないのですが、また次回もお楽しみに!

 

2019年11月の一覧 | 記事URLを表示

カテゴリー  特別展・企画展
キーワード 河合
前のページへ次のページへ
カテゴリ
バックナンバー

新型コロナウイルス
感染防止対策について

【ご来館前に必ずお読みください】