新型コロナウイルス感染防止対策について
【ご来館前に必ずお読みください】

世界淡水魚園水族館 アクア・トトぎふ

おもしろ飼育コラム一覧
おもしろ飼育コラム一覧

貝の中に

2013.04.16 (火)

波多野

みなさんこんにちは。

春の訪れとともに、生きものたちの活動も活発になっていますね。

サンショウウオやカナヘビ、カエルの産卵のお話が続いていますが、

もちろん魚たちも産卵シーズンを迎えています。

 

春に産卵する魚の中で、今回は「カワヒガイ」をご紹介したいと思います。

このカワヒガイ、春になるとオスは婚姻色が出て色づく様子から

岐阜の方では「サクラバエ」などと呼ばれています。

 

4.16-1.jpg

繁殖期を迎えた雄の吻先を見て下さい。

白い模様のようなものが。

これは追星と呼ばれる、コイ科のオスに見られる二次性徴です。

 

  一方で雌はというと。

 

4.16-2.jpg シリビレの辺りから、白い糸のようなものが。

これは産卵管と呼ばれるものです。

そう、ヒガイの仲間は、ヌマガイやタガイ、イシガイなどの淡水にすむ二枚貝の中に

卵を産みつけるのです。

 

 そこで水族館では、二枚貝の殻を用いてカワヒガイの繁殖を行っています。

殻を輪ゴムでとめて、すき間を作るためにシリコンチューブを挟みます。

出来たものがこちら。

 

 

4.16-3.jpg 

 

どうせならと貝の入水管や出水管風にチューブを付けてみました。

アサリみたい・・・。

イシガイやヌマガイなどこんな風に管を伸ばすことはないです。

 

で、結果はといいますと。

 貝を開けると、真珠のような丸い卵が。

4.16-4.jpg

 

4.16-5.jpg

この卵、同じ貝に卵を産むタナゴの受精卵などと比べると、かなり大きいのです。

正確に言いますと、大きくなるのです。

 

ヒガイは貝の入水管に産卵管を差し込み、卵を産みつけます。

タナゴでは貝の出水管に産卵管を差し込んで、卵を産みつけるため、

貝の鰓の中に卵は差し込まれるのですが、ヒガイの卵は鰓の外に落ちてしまいます。

そのため、産みつけられた卵は吸水をして大きくなり、

貝が開いても落とされないように変化するのです。

 

 

4.16-6.jpg

 

左がシロヒレタビラの受精卵、右が吸水して大きくなったヒガイの受精卵。

もう一枚。

 

 

4.16-7.jpgどうですか、かなり大きいことが分かりますね。

イクラ位の大きさですかね。

ヒガイの受精卵は、1~2週間ほどで孵化をして泳ぎ出します。

タナゴの場合は、孵化後に分化が進み、体が出来てきますが、

ヒガイの場合は体が出来あがったあとで孵化します。

 

 

4.16-8.jpg

 

ヒガイも二枚貝がないと子孫を残すことが出来ません。

水族館では貝殻を使っていますが、自然の中ではそうはいきません。

現状では、淡水性二枚貝は減少の一途をたどっています。

春のヒガイたちを見たら、そんなことも思い出して頂ければと思います。

 

 

 

2013年04月の一覧 | 記事URLを表示

カテゴリー  アクア・トトの生き物バックヤード
キーワード 波多野
前のページへ次のページへ
カテゴリ
バックナンバー

新型コロナウイルス
感染防止対策について

【ご来館前に必ずお読みください】