世界淡水魚園水族館 アクア・トトぎふ

おもしろ飼育コラム一覧
おもしろ飼育コラム一覧

コサギの脚はどこいった?

2020.02.12 (水)

堀江俊

先日、お客様からご質問をいただきました。

 

「コサギが片脚で立っているんですが、怪我とかしてるんですか?」

片足立ちのコサギ

これは、不思議ですね。あるはずの右脚が全く見当たりません。

でも、これは怪我をしているわけではなく、ましてや無くなってしまったわけでもありません。

 

では、どこへいってしまったのかというと、お腹の羽毛の中に入れているのです。

羽毛のない脚をお腹の羽毛の中に入れることによって、脚から熱が逃げていかないようにしていると考えられています。

体温維持の目的以外にも、片脚ずつ休ませている場合もあるようです。

 

さて、脚以外にも羽毛のないところがあります。

それは、くちばしです。

首を曲げて休むカルガモ

 

こちらはカルガモですが、首を180℃曲げて背中の羽毛の中にくちばしを入れて休んでいます。

熱(体温)を逃がさないようにいろいろ工夫しているんですね。

 

確かに羽毛布団って暖かいですもんね。

2020年02月の一覧 | 記事URLを表示

カテゴリー  アクア・トトの生物
キーワード 堀江俊
前のページへ次のページへ
カテゴリ
バックナンバー