新型コロナウイルス感染防止対策について
【ご来館前に必ずお読みください】

世界淡水魚園水族館 アクア・トトぎふ

おもしろ飼育コラム一覧
おもしろ飼育コラム一覧

やっと会えた

2020.05.04 (月)

堀江(真)

こんにちは。

一気に気温が上がりましたね。岐阜県はすでにに真夏日を観測しました。トホホです。

 

さて、今日は待望の赤ちゃんが生まれたお話です。

だれの赤ちゃんかと言いますと、↓ こちらのモトロです。

この写真は出産の2日前に撮影したものです。

仔エイがお腹にいるので背側の後ろ半分がこんもりと盛り上がっています。

出産が近くなると、胎動が見えるらしいのですが、わたしには確認できませんでした。

 

11月にオス・メスをペアにして、妊娠期間は3か月ぐらいなので、

早ければ、3月に産まれるかなーと思っていたのですが…なかなかどうして。

結局、4月17日までじらされました。

背中の盛り上がり具合も出産前の数週間はほとんど変化がなく、胎動も確認できなかったので、もしかしたらただのおデブなのでは?と、やさぐれかけていたのですが、

 

4月17日の朝、出社するとすぐに、「あのぅ~あそこの水槽に、ちっちゃいエイっていましたっけ?」と当直スタッフが聞いてきて、それを聞いた私は「うっきょー!!」となり、とにかくウエットスーツに着替えてドボンして、産まれたての仔エイを捕獲したのでした。

仔エイは3匹いました。大きさにほとんど差はなく、体盤の大きさはほぼ10cmでした。

1匹は捕獲するまでの間にほかの魚に噛まれてしまい、

この後すぐに死んでしまいました。悔やまれます。

 

残った2匹はエサを安定して食べるようになり、元気にしています。

 

 

エイの仲間は、瞳孔が三日月型なので、明るいときはちょっと怒ったような👀をしています。

この、ちょっと怒ったような👀がいいですよね。

 

 

 

2020年05月の一覧 | 記事URLを表示

カテゴリー  アマゾンの生き物バックヤード
キーワード 堀江(真)
前のページへ次のページへ
カテゴリ
バックナンバー

新型コロナウイルス
感染防止対策について

【ご来館前に必ずお読みください】