世界淡水魚園水族館 アクア・トト ぎふ
  • 料金・お得なパスポート
  • 団体のお客様へ
  1. HOME>
  2. おもしろ飼育日記

おもしろ飼育日記

どうもこんにちは。

今回は企画展の中で紹介したかったけど、

説明が長くなりすぎるために紹介しきれなかった話なんかを

書いていこうと思います。 

 

本題に入る前にまずはこちら。

2017.6.16-1.jpg

 ここでは同じ種類なはずなのに、性が違うだけで、

見た目がかなり変わるという生き物を紹介しています。

 

魚類ではほとんどオスが派手な種類が多く、

その中でもはっきりした魚類の例として、

キュウセンのオスと

2017.6.16-2.jpg 

 

メスを展示しています。 

2017.6.16-3.jpg 

何も知らなかったら別の種類と思ってしまうほど

オスとメスで違いますよね~。

魚類だけではなく、

他の動物の例も写真にて紹介していますが、

2017.6.16-4.jpg

 動物のオスは性にこだわり、とことん「オスだぞ!」という

派手なアピールをしているのだなーと思いますよね。

 

じゃあヒトはどうなんだろう、と考える機会の一つになればと思います。

 

そして本題はここから・・・。

ある一部の魚類には、

 生まれつきの性を途中でガラッと変えてしまうことが

できるものがいるのです。

そう、それがこちら

2017.6.16-5.jpg

 

「ファンタスティックな性転換」って書いてありますが

このキャッチフレーズは担当者お気に入りです。

この展示ブースでは、いわゆる「性転換する魚たち」を展示しています。

性転換する魚にも様々な種類がいるのですが

今回選んだ種類は

こちらのスミレナガハナダイなどのハナダイと呼ばれる仲間で、

2017.6.16-6.jpg

こちらはスミレナガハナダイのメスです。

 

 

ハナダイの仲間は一匹のオスが

複数のメスを引き連れるハーレムを作って繁殖を行います。

(一夫多妻制ともいいます)


さらに、オスがいなくなってしまうと

ハーレムの中の一番体が大きいメスがオスに性転換して

ハーレムを作るようになります。

2017.6.16-7.jpg

こちらがオスです。

 

とても綺麗な色をしてますが、

体が大きく、より派手な色をしているので

それだけ天敵に見つかりやすくなってしまうリスクがあります。

そのため体の小さいうちはオスにならず、

メスとして繁殖に参加します。

より多く自分の子孫を残すという点で、優れた戦略ですね。

 

さらにいうと、

オスになるためにはハーレムのオスがいなくなり、

自分の体が一番大きくなるという条件を

満たすことができなければいけませんが、

オスになることができればハーレムを作って、

より多くのメスを獲得して自分の子孫を残すことができるので、

同じ種の中でも、生存するのに有利な子孫が残る

とも考えられます。


そのため、

ハナダイの仲間では生まれつきオスは存在せず、

みんなメスから成長して、のちに性転換をしてオスになるようです。

このようなメスからオスに性転換することを

「雌性先熟」といいます。

 

このハナダイのほかにも

性転換する魚たちを展示していますが、

その中でも例外が存在するのです。


それがこちら。

2017.6.16-8.jpg

 魚についた寄生虫などを食べて掃除する魚として有名な

「ホンソメワケベラ」です。

この魚も「雌性先熟」の種類なので、

メスからオスへ性転換するはずが・・・。

 

 一部のホンソメワケベラで

生まれながらにして、

オスが存在することがわかっています!

先ほどのお話のように性転換の競争が繰り返されると、

体の小さいオスは子孫を残すことができず、

淘汰されてしまうはずですが、

どうしてはじめからオスである小さいオスも

子孫を残せるのでしょうか。

 

実はホンソメワケベラの小さいオスは

大きいオスがもつはずのハーレムを持たず、

ハーレムを追跡して繁殖する瞬間に飛び込んで

自分の子孫を残すんです。


これを「スニーカーオス」と呼びますが、

この戦略が一部のオスで成功しているので

雌性先熟」のホンソメワケベラですが

生まれながらのオスが存在しているんです!!


このほかにも、

オスにもメスにもなれちゃうなんて魚もいます。

このように一筋縄ではなく、

あの手この手を使った戦略が

「性転換のファンタスティック」なとこなので、

少しでも面白いと思っていただけたらなと思います。

 

話が長くなりましたが、

なによりこんなストーリーがあることが

長年の研究によって明らかにされてきているといことも

すごいなーと伝わればいいなと思っています。

 

それではまた次回のブログをお楽しみに。

 

 

 

 


みなさんこんにちは!!

はやいもので、

企画展「命をつなぐ大作戦!!」も

残り1か月となりました。


始まってから、

展示している生物たちに

少しずついろいろな変化がありましたので

ちょっと、お話ししますね!!


まず、

無精卵を子どもに食べさせる

「イチゴヤドクガエル」ですが、

2017.6.13-1.jpg

展示水槽の中にあるプロメリアという植物の中に、

たまに入っているんです!!

最近は、真ん中ではなく

その後ろの葉の間にいることが

多くなっていましたが・・・

入っているところが見れたらラッキーです!!!


続いて、

メスだけで卵を産んでしまう

「オガサワラヤモリ」ですが、


 

 

なんと!!

卵が

産まれました!! 

2017.6.13-0.jpg

本当にメスだけで卵を産むところを実際に見ることができて

感激です!! 

2017.6.13-3.jpg

 

2017.6.13-4.jpg

まだ、お腹に卵を持っているであろう個体もいるので

また産むかもしれません!!


そして、

企画展ブースの一番奥、

テルマトクロミス・ビッタータスですが、

貝の中にはいっているところを見ることができました!!

2017.6.13-5.jpg

 

2017.6.13-6.jpg

残念ながら、まだ、繁殖行動は見られていませんが、

少しずつ役割が決まってきたのではないかと思われます。



こんな感じで、少しずつですが

企画展開催中にもいろいろな変化が起こっています!!


残り1か月、

はじめとは少し違った生き物たちの様子も

見に来て下さいね!!!



あ、


あとですね、


ちょっとしたイベント(ゲーム)を考えてみました!!



題して、

「命をつなぐ大作戦ゲーム!」

(↑そのまま笑)


企画展終了までの 土・日・祝

トトラボにスタッフがいる 12:30~15:00

の間に、

トトラボにきていただくと

企画展のゲームができます!!

しかも、参加してくれた方には

こちら↓

2017.6.13-7.jpg

企画展オリジナルのシールもプレゼントしています!!!!


気になるゲームの内容は、

2017.6.13-8.jpg

 

「早口ことばにチャレンジ!」

イトウナガクビムシ、イワナナガクビムシ、ヤマメナガクビムシ

と、言えるか


「いきものどーこだ?」

白黒の細密画をみて、どこに生きものがかくれているのかを探す

という内容です。


企画展終了までの土日祝で、しかも時間も限られているので

是非ともゲームにチャレンジしに

その時間は、トトラボに足を運んでくださいね!!


ちなみに、「いきものどーこだ?」の絵ですが

最近流行りの大人の塗り絵として

トトラボと

平日はものづくりの部屋に置いてあります。

 

2017.6.13-9.jpg

 

 

ぜひ、家に持って帰って

塗り絵にもチャレンジしてみてくださいね!!


大人の塗り絵って書いてありますけど、

もちろん小さなお子様でも塗っていただけます!


みなさんに楽しんで頂けたらうれしいです!!


ということで

また、次回もおたのしみに!!!



 

 


梅雨入りしました。

なつめ 2017.06.08(木)

みなさんこんにちは。

東海地方では昨日から梅雨入りし、

雨の日が続いています。


雨降りはちょっと憂鬱ですが、

そんな「梅雨」が楽しくなるテーマ水槽が登場しました!

 

2017.6.8-1.jpg

 

梅雨に咲く花“アジサイ”をイメージして

青系や紫系の熱帯魚を集めました。

2017.6.8-3.jpg

 

群れで泳ぐ魚たちはアジサイの花びら。

スポットライトを浴びた水槽内には

アジサイの花と流木や水草をレイアウトしました。

2017.6.8-2.jpg


このテーマ水槽「梅雨を彩る アジサイの花」

6月19日(月)まで展示しています。

水族館のエントランスに展示していますので、

どなたでも無料でご覧いただけます♪


そして!

梅雨のイベントとしてもうひとつ。

6月中にご入館いただいた方にもれなく!

空くじなしの「トト・スクラッチカード」をプレゼント!!

 

「梅雨空をふきとばせ!! トト・スクラッチキャンペーン」

2017.6.8-4.jpg

※1日1回に限ります ※乳児(3歳未満)は対象外


アクア・トト ぎふの年間パスポートや!

水族館グッズ詰め合わせなどが当たっちゃいます!!


梅雨のおでかけはアクア・トト ぎふへ♪

それでは、また!

 


女性だけで過ごす、特別な夜を。

なつめ 2017.05.21(日)

こちら、アマゾン水槽の前。 

 

2017.5.20-1.jpg

 

閉館後の夜の水族館、アマゾン水槽を背景に

スタッフがお話をしています。


これは、昨年初めて開催した「女性限定 お泊りナイトツアー」

のワンシーン。

「お泊りナイトツアー」とは

普段見ることができない夜の水族館を見学したあと、

大きなアマゾン水槽前で一晩過ごす、

アクア・トト ぎふの大!人気プログラムです。


通常は小学生の親子を対象に、

夏休みと春休みに開催しているのですが、 

 

2017.5.20-2.jpg

 

大人だけでも参加したい!!

というリクエストをよくいただき...

昨年「女性限定」として初めて開催しました。


“女性限定”ということで、

女性に喜ばれる内容にとことんこだわりました!

参加者全員で記念撮影をしたり... 

 

2017.5.20-3.jpg

 

レストランの食事はヘルシーで豪華な和食に。 

 

2017.5.20-4.jpg

 

そしてお楽しみの夜の見学では、

スタッフによる解説のもと

夜の生き物たちの姿を観察しました。 

 

2017.5.20-5.jpg

 

 

2017.5.20-6.jpg

 

 

 

2017.5.20-7.jpg

 

夜の見学の後は、

あのピラルクーが泳ぐアマゾン水槽の前で

 

2017.5.20-8.jpg

 

癒しの一晩を過ごしました!


翌朝は朝食後、開館作業を特別に見学し

水族館のオープンと同時に解散となります。


年に一度のこの特別なプログラム。

今年も開催が決定しました!


【女性限定】お泊りナイトツアー

6月24日(土)~25日(日)

参加費:10,000円 ※年パス会員は1,000円引き

詳しくはこちらをご覧ください。



水族館、生き物好きな方はもちろん、

非日常な夜を過ごしてみたい方にも!


思い出に残る2日間をご用意して、お待ちしております。


それでは、また!

 


うきうき♪ウキゴリ

堀江真 2017.05.17(水)

こんにちは。

ゴールデンウィーク期間中はたくさんの方にご来館いただきまして、

ありがとうございました。


わたしはというと、ゴールデンウィーク期間中は

たくさんの稚魚を育てていました。

 

2017.5.17-1.jpg

 

こんなかんじです。これでもフ化した稚魚のごく一部で、

他の水槽にも大量にいます。


この稚魚たちは、ウキゴリの稚魚で、

3F「長良川上流から中流の生き物」の展示槽内で繁殖したものです。


3月の中旬ごろから、婚姻色にそまったメスが、

オスにたびたびアピールしているのに気づきました。 

 

2017.5.17-2.jpg

 


なんとか卵を産んでくれないか。

なんとかその卵を回収できないか。

と、思い悩む日々を送っていましたが、

ついにその日はやってきました!

4月17日、掃除のついでに石をひっくり返すと、

宝石のような卵がびっしりと産みつけられていたのです!

 

2017.5.17-3.jpg

 


すでに、かなり発生が進んでいて、目もできています。

 


ここまで育つのに10日以上経過していると思われ、

その間、オスがしっかり保護していたのでしょう。


ウキゴリの卵を拡大してみるとこんな感じです↓
2017.5.17-4.jpg

 

この写真の卵は、3月にバックヤードで繁殖させようと試みた際、

 産んでくれたものですが、残念ながら受精していなかったようで、

 このままカビました…。

 


その失敗もあって、展示槽で卵を回収したときはとてもうれしかったです。


4月20日にフ化が始まり、

翌、21日には何千匹もの稚魚がただよっていました。


フ化後1日目に撮影した稚魚の写真です。

 

 

 

2017.5.17-5.jpg

 


顔でかい(笑)

あいかわらず、ハゼのなかまの稚魚はぶさいくだなあ。

全長は5mmほどでした。

数日後には、各ヒレができ、魚らしくなってきました。

黒い斑点模様もできています。 

 

2017.5.17-6.jpg

 


ここまで育てば少し安心できます。


というわけで、親のいる水槽に小さな水槽をくっつけて

「ウキゴリの稚魚の展示」を始めました。


今は茶柱のような感じですが、すぐに大きくなりそうです。

まさに今しか見れません。

フェイスブックやツイッターで動画を紹介させていただいていますが、

ぜひ足を運んで「生ウキゴリの稚魚」も見に来てくださいね。

 

 

 


このページの先頭へ

2017年06月
日 月 火 水 木 金 土
       
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
14
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 

バックナンバー

ピックアップフォト

  • 2017.6.16-1.jpg
  • IMGP1116.JPG
  • 2017.6.8-1.jpg
  • 2017.5.20-1.jpg
  • P3210193-1.jpgのサムネール画像
  • 2017.5.14-2.jpg
  • 2017.5.5-1.jpg
  • 2017.4.29-1.jpg
  • 2017.4.24-1.jpg
  • 2017.3.23-1.jpg
世界淡水魚園水族館 アクア・トト ぎふ
〒501-6021 岐阜県各務原市川島笠田町1453 TEL:0586-89-8200/FAX:0586-89-8201

Copyright © Gifu World Fresh Water Aquarium All Rights Reserved.