世界淡水魚園水族館 アクア・トト ぎふ
  • 料金・お得なパスポート
  • メールマガジン
  • 団体のお客様へ
  1. HOME>
  2. おもしろ飼育日記

おもしろ飼育日記

12月17日に始まった企画展「話題になった生きものたち~なつかしくて新鮮!!~」

 

2017.1.2-1.jpg

 

今回の企画展はこのような年表から始まり、

誰もが「なつかしい・・・」と感じる生きものを選び、年代別に展示しています。

ということで、今回は企画展で展示している生き物の中で

最も古い年代のものを紹介します。

 

その名も「アルテミア」。

これで分かった方は、かなりの生きもの好きですね!!

 

「なつかしい・・・」と多くの方に感じていただくために、

別の名で紹介すると、、、

「シーモンキー」。

いかがでしょうか??

 

昭和40年代に一世を風靡したという、「シーモンキー」。

このアルテミア(通称:シーモンキー)は

ホウネンエビモドキ科アルテミア属の総称で、甲殻類の仲間です。

ほとんどの甲殻類はキチン質を主体とする硬い甲殻で

身体を覆っているのに対し、このアルテミアは甲殻を持ちません。


塩水湖に生息しており、

Brine(塩水の) shrimp(エビ)という名でも呼ばれています。

乾燥に長期間耐えられる耐久卵を産み、

 塩水に浸かると孵化する性質を利用して、

エサ生物として広く活用されているため、魚を飼育されている方には

「ブラインシュリンプ」と呼んだ方がおなじみかもしれませんね。

 

水族館職員の私は、孵化させたらすぐに

エサ生物として活躍してもらう認識しかありませんでした。

「水田でみかけるホウネンエビに近い生き物」という知識はあったものの、

成体になるとどんな大きさなのか、どんな姿なのか、

実に基本的なことを楽しみに見守ることになりました。

ということで、企画展に向けてバックヤードで飼育を開始しました。

 

まずは塩水を容れた水槽で耐久卵を孵化させました。

 

2017.1.2-2.jpg誕生6日目

 

この頃は、甲殻類の初期の幼生「ノープリウス幼生」といって

成体とは異なる形態です。

それでも、甲殻類っぽい感じは出ていますね。

ちなみに、緑色の色素を持ったクロレラという藻類を

エサとして与えているので、消化管が緑色に見えますね。

動きは成体よりも単調な印象です。

 

 

2017.1.2-3.jpg

 

誕生17日目

真上からの写真です。すでに成体になりました。

企画展に向けてバックヤードの30℃近い温かい水槽で飼育していたら、

思ったより成長が早かったです。

光学顕微鏡では画面からはみ出すほど大きくなっていました。

こちらは光を当てて実体顕微鏡で覗いたところです。

光り輝いてまるで宝石のようですね。

 

 

2017.1.2-4.jpg

 

誕生45日目頃

もう肉眼で充分観察できます。

白色の卵を容れた卵嚢も見えますね。

ということで、この個体はメスです。

 

 

2017.1.2-5.jpg

 

成体になっても大きさは1cmほどしかありません。

遊泳力は強くないので、流れのあるところでは流されるままです。

 

そしてこの頃、企画展開始に合わせてお客様の前にデビューしました。

 

2017.1.2-6.jpg

 

水槽内ではこんな感じで泳いでおり、

卵嚢が見えるので前がメス、後ろにくっついているのがオスですね。

そして、周囲の水中に小さなオレンジ色の

点々として見えるのが、幼生です。

実際にじーと観ていると自力で動き回っているのがわかりますよ。

 

 

2017.1.2-7.jpg

 

オスは頭部に角のような交接用の付属器がありますので、

オスメス見分けてみてください。

 

そして展示風景。

 

2017.1.2-8.jpg

 

アクリルガラスの向こう側が見えませんが、

水槽や当時のなつかしの一品は

実際にアクア・トトぎふに見に来てくださいね。

 

お客様の反応を眺めていると、

幼いお子様にご自身の体験を話している姿をちらほら見かけ、

なんだか癒されます。

大人の方々も、

「なつかしい・・・」と感じる生きものの前で立ち止まっていただき、

当時の想い出に浸るもヨシ、

ご一緒されている方との話のネタにするのもヨシ、

それぞれの「なつかしい・・・」な時間をお過ごしください。

 

 


めざせ緑のモリアオガエル2

須田 2016.12.31(土)

前回のブログの続きです!


バックヤードで飼育しているモリアオガエル幼体に、

色素(ルテイン、βカロテン)を添加した餌を与え続けたところ...

2016.12.31-1.jpg


ルテインとβカロテンを与え続けた個体は、

色素を添加しなかった個体と比べて

青みの少ない、緑の体色になりました!

 

さて、この結果をふまえて、

現在展示している成体のモリアオガエル

 よりにできるか挑戦です!

 

与える色素は、幼体に与えた際、

一番体色が緑になったルテインにしました。

 

まずはカプセルの中身をだして

 

2016.12.31-2.jpg

 

 

コオロギにまんべんなくつけ、

週に2回、モリアオガエルに与えます。

 

2016.12.31-3.jpg

それでは、色素を与える前からの変化を追って見てみましょう!

変化が分かりやすいように、顕著に効果が出た1匹を

ピックアップしてお伝えします。

 

10月13日

2016.12.31-4.jpg

 

 

ルテインを与え始める前の成体です。

なんだか色が抜けたような白っぽさです…。

 

11月9日

2016.12.31-5.jpgほのかに体色が明るくなったように感じます!

いや...気のせいかな?と不安に思いながら、地道に餌やりは続きます。


12月5日

2016.12.31-6.jpgうっすら黄緑色になってきました!

これは気のせいではなさそうです!!

 

12月22日

2016.12.31-7.jpg

 

2016.12.31-8.jpg

 

2016.12.31-9.jpg

ルテインを与え始めてから約2か月半!

どうでしょう…最初の青白い色と比べて、かなり緑になっていませんか!?

 


ビフォーアフターを並べてみましょう!

2016.12.31-10.jpg

光の影響、カエルの状態などにより体色は変化するものですが、

それらの条件を加味しても体色が緑になってきているように思います!

目標としていた野生下の個体の写真と比較してみると...

 

2016.12.31-11.jpgこうして比べてみると、現段階では体色を緑に近づけることはできたものの、

野生下とはまだまだ差がありますね…!

しかし!緑色のモリアオガエルの展示に向けて、

大きな一歩を踏み出したのには間違いありません!

挑戦はまだまだ続きそうです!!!

ぜひ、一緒に見守ってくださいね!



さて、これからは

・色素の獲得時期で体色に差は出るのか?

・色素を与えるのをやめると退色する?

・ほかのアオガエル類でも効果はある??


などなど、あわせて調べていきたいことがたくさんなのですが…


私事ですが、年内でアクア・トトぎふを離れることになり、

たいへん心残りではありますが、

今後の挑戦は一緒に研究を続けてくれた頼もしいT先輩、

 興味を持ってくれた若手のN君に託します…!

 

2016.12.31-12.jpg

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


いやぁ、生き物って本当に不思議で興味が尽きませんね!

「なんでだろう?」と感じたことを少し覗いてみるだけで、

 発見する楽しさが溢れます!

ぜひアクア・トト ぎふに、

そんな「発見」を楽しみに来て頂けたらうれしいな、と思います。


3年という短い期間ではありましたが、


関わることのできたたくさんの生き物たち、

水族館に足を運んでくださったみなさま、

ブログを読んでくださったみなさま!

本当にありがとうございました!

 


ショップ通信 vol.6

吉嶺 2016.12.30(金)

みなさん、こんにちは。

12月もあと2日。もうすぐ来年がやってきます。


さて、今回のショップ通信は、

年末年始にあるショップFish Tankのイベントをどどーーんとご紹介!!

こんなにイベントに満ちている期間を私たちショップスタッフは見逃しません。


さっそく、ご紹介していきます!


【その1】福袋

元旦から(今だとその前から予約など行っているところも)

必ずといっていいほど目にするもの―――福袋!!

みなさんも一度は手にしたことがあるのではないでしょうか?

ショップFish Tankでも毎年大人気の福袋。来年も1/1より販売します!!

ちなみに今年の様子がこちら。

 

2016.12.30-1.jpg

意外と大々的、と思われた方もいらっしゃるのでは?

現在、1,000円3,000円5,000円10,000円

4種の販売を予定していて、今年とはラインナップが変更されますが、

とってもお得な内容となっています。

※今年の例ですと、ぬいぐるみ(5,000円相当)+福袋(2,000円相当)=5,000円という・・・


数量限定となっていますので、この機会にぜひ、お得感を体験してみてください!


【その2】新春トトみくじ 1回500円

1/1~1/9の期間に新春トトみくじの開催が決定しました!!

新年、やっぱり気になるのは一年の運勢。

2017年の運勢・・・アクア・トトで占ってみましょう!!

しかも、この新春トトみくじ、占うだけではありません。

ぬいぐるみも当たります!

どんなぬいぐるみかは、お楽しみに。

素敵な1年の始まりになるかも!?


【その3】企画展「話題になった生きものたち」関連コーナー

12/17より始まった企画展「話題になった生きものたち」。

その関連商品をショップFish Tankでもこのように

2016.12.30-3.jpg
2016.12.30-2.jpg

 特設コーナーを設けて販売しています。

文房具、ぬいぐるみ、フィギュア、お菓子などなど。


企画展で感じた懐かしさをグッズでも感じていただければ・・・!!と思います。

 

 

ショップFish Tankの新年イベントはいかがでしたか?

このように来年もイベントが盛りだくさんなショップを目指していきますので、

来年もお願いいたします!

それではみなさん、良いお年をお迎えください!!


 



 

めざせ緑のモリアオガエル

須田 2016.12.24(土)

みなさんこんにちは!

アクア・トト ぎふの3階では、岐阜県にも生息する樹上性のカエル、

「モリアオガエル」を展示しています。 


さてこのモリアオガエル。

自然下ではこのような緑の体色をしているのですが、

2016.12.15-1.jpg

当館でオタマジャクシから育てると、

青みがかったような、白っぽい色のモリアオガエルになってしまうことがあります。 

2016.12.15-2.jpg2016.12.15-3.jpg

2014年のこのブログでも取り上げられているように、

これまでなぜ青白くなってしまうのか特定することができず、

飼育担当者の悩みのタネでした。

 

青白いカエルを展示することで、モリアオガエルの体色について

「モリアオガエル=青白い」と誤解を与えてはいけない…!


やっぱり自然下のような緑色のモリアオガエルを展示したい!!!


ということで、

今年は「餌」に注目して、トライしてみました!


自然下のモリアオガエルは何を食べているのか

調べてみたところ、セミ、クモ、バッタなどなど

実に様々な餌生物を食べていることが分かりました。


かわって、水族館では何を与えているのかというと、

栄養剤をまぶしたフタホシコオロギ1種です。

2016.12.15-4.jpg


おいしそうに食べてくれますが、

ここに飼育下では足りない何かがあるのではないだろうか?!と考えました。

それはもしかすると、

本来は多様な生き物を餌とすることで得られるはずの、

体色の元となる色素なのでは!?


そこで、餌となるコオロギに色素を添加してみよう!

と7月より取り組みを始めました!

 まずはバックヤードにいる、

今年生まれのオタマジャクシから育てた幼体に

色素を添加したコオロギを与えてみることにしました。

2016.12.15-5.jpg

両生類の多くは

「βカロテン」「アスタキサンチン」「ゼアキサンチン」「ルテイン」などの

様々な色素を持つといわれています。


その中でも、サプリメントとして手に入れやすい

 「ルテイン」「βカロテン」のサプリメント(軟カプセル)の中身を絞り出し、

コオロギにつけて、与えてみました!


針を使ってカプセルに穴をあけ、 

2016.12.15-6.jpg

餌のコオロギにまんべんなくつけてから与えます! 

2016.12.15-7.jpg


それぞれの影響が比べられるように

①これまでと同じ、コオロギのみを与える幼体

②ルテインをコオロギに添加してから与える幼体

③βカロテンをコオロギに添加してから与える幼体


3つのケースに分けて飼育しました。

3か月後、どうなったかというと…


①添加なし  

2016.12.15-8.jpg

 

②ルテイン添加

2016.12.15-9.jpg



③βカロテン添加

2016.12.15-10.jpg

 

並べてみると… 

2016.12.15-11.jpg

 

2016.12.15-12.jpg


どうでしょうこの差!

①コオロギのみ給餌を行った幼体が水色をしているのに対し、

②ルテイン・③βカロテン添加をした幼体の体色が緑っぽくなりました!


とくに青みが少なく、緑が顕著になったのは②ルテインの幼体でした。


これは、自然下の体色に少しでも近づけたのでは!?

緑色のモリアオガエルに向けて、希望の光が見えた感じがします!


さて、バックヤードにいる幼体では結果が得られましたが、

現在展示している成体にも効果はあるのでしょうか…!


次のブログにつづきます!

 



 

水族館でクリスマス

なつめ 2016.12.17(土)

みなさんこんにちは。

クリスマスまであと1週間。

アクア・トト ぎふも、クリスマスの装いになっています。


まずは毎年恒例の

「デンキウナギでクリスマスツリー点灯!?」がお出迎え。

2016.12.16-1.jpg

こちらの水槽は大きなツリーのイルミネーションと連動していて

デンキウナギが発電すると、

ツリーのイルミネーションがキラキラ輝くんです!


今年はちょっとバージョンアップ!して

2016.12.16-2.jpg

デンキウナギの発電に反応して、ブルブル震える

ぬいぐるみも登場しました!


それからもう一つ、クリスマスの特別水槽があります。

2016.12.16-7.jpg

こちらは入口入ってすぐのコーナー。

それぞれの水槽をプレゼントボックスみたいに装飾し、

中央のグラスツリーは暖炉の炎をイメージ。

2016.12.16-3.jpg

 

水槽ごとにクリスマスの世界を再現しています。 

2016.12.16-4.jpg

 

_MG_7596.jpg


クリスマスムードはアクア・トト ぎふだけではありません。

水族館のある公園ではイルミネーションが!

2016.12.16-5.jpg

12/25までは15時以降から使えるお得なペアチケットを

コンビニエンスストアにて限定販売しているので、

水族館を見学して、イルミネーションを見る...。

こんな楽しみ方もおススメです。

詳しくはコチラをご覧ください。


水族館でステキなクリスマスが過ごせると思います♡


それでは、また!

 



 

このページの先頭へ

2017年01月
日 月 火 水 木 金 土
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
       

バックナンバー

ピックアップフォト

  • 2017.1.2-1.jpg
  • 与える.JPG
  • 2016.12.30-1.jpg
  • kakou2.jpg
  • 2016.12.16-1.jpg
  • IMG_1043.JPG
  • 2016.10.7-3.jpg
  • 2016.11.23-1.jpg
  • 2016.11.24-1.jpg
  • 2016.11.9-2.jpg
世界淡水魚園水族館 アクア・トト ぎふ
〒501-6021 岐阜県各務原市川島笠田町1453 TEL:0586-89-8200/FAX:0586-89-8201

Copyright © Gifu World Fresh Water Aquarium All Rights Reserved.