新型コロナウイルス感染防止対策について
【ご来館前に必ずお読みください】

世界淡水魚園水族館 アクア・トトぎふ

おもしろ飼育コラム一覧
おもしろ飼育コラム一覧

秋の河口へ

2019.11.10 (日)

堀江真

こんにちは。10月の終わりに河口の生きものに会いに行ってきました。

 

秋といえば、モクズガニ!

山や平野部の用水路にいたモクズガニも、秋は繁殖のために河口におりてきます。

(興味のある方は、1年前に書いた「モクズガニの秋」をご覧ください。)

 

今回は、ちょっとびっくりなモクズガニをみつけました。

こちらです↓ つぶつぶが苦手な人は無理かも…。

 

どうでしょう?体にフジツボ。見事に全身についています。

 

他にも何匹かモクズガニを見つけましたが、こんなふうになっているのはこの個体だけでした。

モクズガニにとってはいいカモフラージュになっているのか?

それとも迷惑しているのか…?どちらなんでしょうね。

 

モクズガニwithフジツボ以外にも、秋の河口にはいろいろな生きものがいました。

わたしの好きなハゼもいろいろ。

 

たとえばこちら↓

 

小さなトビハゼです。秋ならではのこのサイズ。

指にのせてみるといかに小さいかお分かりいただけますね。全長は1.5cmほどです。

 

トビハゼの繁殖期は夏で、ふ化した仔魚は水中で浮遊生活を送り、

約1.5cmに成長すると親と同じように陸上で生活するようになります。

大きさからすると、この個体は今まさに、陸に上がってきたばかり。

寒い冬を乗り越えられるよう、少しでも大きくならなきゃいけない時期です。

 

モクズガニは「繁殖の秋」

トビハゼは「上陸の秋」

ですね。

 

季節がめぐり、冬になれば、ビリンゴやスミウキゴリに婚姻色が現れ、

繁殖に備えた体つきになっています。

そして、そのビリンゴには、二枚貝の幼生(グロキディウム)が寄生していることも…。

 

年が明けた、初春には、遡上を始めるアユカケの稚魚や、

イシガレイのちびっこもみられるようになります。

 

こんなふうに河口はいつ訪れても、違う様相を見せてくれるおもしろい場所です。

 

「河口?そんなところいけやしないよ!」という方は、

ぜひアクア・トトまで!

 

 

2019年11月の一覧 | 記事URLを表示

カテゴリー  日本の淡水魚
キーワード 堀江真
前のページへ次のページへ
カテゴリ
バックナンバー

新型コロナウイルス
感染防止対策について

【ご来館前に必ずお読みください】