世界淡水魚園水族館 アクア・トト ぎふ
  • 料金・お得なパスポート
  • メールマガジン
  • 団体のお客様へ
  1. HOME>
  2. おもしろ飼育日記>
  3. コツメカワウソ

おもしろ飼育日記

コツメカワウソの日記

コツメカワウソの撮影に挑戦!!

たちかわ 2016.09.16(金)

コツメカワウソにこどもが生まれてから、

成長過程の記録のために撮影をしています。


幼仔期は成長に伴って顔の印象が変化していきますが、

顔のアップはお客様にはなかなか見ていただけないので、

今回は顔がよく分かる写真を撮影して

ブログでご紹介することにしました。


しかし、コツメカワウソは活動中だと動きが早く

そう簡単に顔に近寄った写真は撮れません。

そこで、睡眠中に狙いを定めました。

まずは、展示水槽の上から眠っているのを確認。 

5頭全頭眠っているのを確認したら、睡眠中に失礼!!


さっそく水槽に入ったのですが失敗。

ドアノブを回す音や扉の開く音、人が近付く気配を察知して、

驚き、すばやく身構えてしまうのです。

 

2016.8.16-01.jpg

 

すると、首から下げたカメラに興味津々で近寄ってきて、

全く撮影どころではなくなってしまいます。


2度の失敗から、慎重に慎重を重ね、

ゆっくりすぎるほどの動きでそろ~りそろ~りと水槽に侵入しました。

完全に寝込みを襲った感じです。

しかし、やはり野生動物であるコツメカワウソ、

警戒心が強く、こちらに気付きました。

頭を上げて眠そうな目でこちらを観察するのですが、ここで私はストップ。

すると、コツメカワウソも安心するのか再び眠り始めました。


5頭いるので、次々と他の個体も気付きましたが、その度に動きを止める私。

じりじりと距離を詰め、撮影に適した距離まで近づくことができました。 

 

2016.8.16-2.jpgおしりに頭を乗せているのが父親のライ。

 

 

 

2016.8.16-3.jpg

 

ヤマトなんて仰向けで、なんて無防備な。目の前に人がいるのに。

 

カメラのシャッターがおりる音で、何度か頭を上げましたが、

それでももう起きることはなく、存分に撮影させてくれました。

 

まずは、母親のミノ。  

 

2016.8.16-4.jpg

 

 

2016.8.16-5.jpg

 

“小さいツメのカワウソ”という名前の由来通り、

ツメがとっても小さいですね。


続いて娘のアサヒ。

 

2016.8.16-6.jpg
2016.8.16-7.jpg

 

まだこどものため、擦り減っていない鋭い犬歯が見えますね。

咬まれたら痛そう、、、。

 

息子のミヤマ。 

 

2016.8.16-8.jpg2016.8.16-9.jpg石を枕に。熟睡です。

 

どことなく、こどもっぽい表情が残っていますね。 

  

 

2016.8.16-10.jpg

 

こちらに気付いてしばらく見つめてきました。

 

最後に、息子のヤマト。  

 

2016.8.16-11.jpg2016.8.16-12.jpg

 

あくび連発。人間同様、眠い時にはあくびをしています。

  

 

2016.8.16-13.jpg

 

左:息子ミヤマ 右:母親ミノ


生後2ヶ月ごろの時の様子と比べると

 

2016.4.25-1.jpg

 

顔の幼さもなくなってきて、大人と区別がつかなくなってきましたが

それでも性成熟していないので、まだこどもです。


陽の光が差し込み温かくなるお昼前後に眠ることが多いです。

ご紹介した写真のように、顔をのぞくことは難しいですが

家族5頭が仲良く睡眠している様子もぜひ観察してみてください。

 



 

昨年末12月26日に産まれた

コツメカワウソの子どもたちは順調に成長し、

現在は生後約半年、体重は2kgを上回り、

パっと見ただけでは親との見分けがつかないほど大きくなりました。

 

今回は離乳後の様子をお送りします。

 

生後2ヶ月ころには親と同じ長く黒い毛が生え揃い、

水の弾きも良くなったので、プールを設置して泳ぎの練習を始めました。

両親のライ・ミノが教えるのですが、

ここで驚かされたのは、あまりのスパルタ指導ぶりでした。

 

子どもが水面から顔を上げると首に咬みつき水中へ押し戻し、

子どもがプールから出ると鳴いて追いかけ回して

プールへ連れて帰るというスパルタ。

泳ぎを教えるというよりも、

「プールから出ることは許さない」という感じでした。

しかもそのターゲットはミヤマかアサヒばかりで、

だいたいヤマトは悠々と泳いでいました。

子どもへの接し方も1頭1頭違うようです。

2016.6.27-1.jpg

 

 

 

また、この頃はまだそれぞれを見分けにくいことがあり、

特に身体が濡れていると印象が変わってしまい、

ヤマトなのかミヤマなのかわからなくなることもありました。

2016.6.27-2.jpg

ヤマト

 

2016.6.27-3.jpg

ミヤマ

 

こちらは現在のヤマト(上)とミヤマ(下)

ヤマト

 

2016.6.27-5.jpg

ミヤマ

 

そんな練習を巣穴水槽で続け、

休館日の6月13日に初めてプール付きの大きな展示水槽へ出してみました。

両親のライとミノは久しぶりの大きなプールに一目散に飛び込んだものの、

子どもたちはびくびくと陸場をさまよい、

親を探しているのか盛んに鳴いていました。

 

それでも好奇心旺盛な子どもたちは水槽を歩き廻り、

翌日には立派に泳ぎ、取っ組み合いを繰り広げていました。

2頭だけの時は眠っていることも多かったライとミノですが、

子どもがしきりに遊ぶせいか現在は一家5頭とも日中はあまり眠りません。

 

現在の子どもたち

2016.6.27-6.jpg

それぞれ顔つきや体格だけでなく性格や行動にも

はっきりと違いがみられるようになりました。

みなさまもじっくり観察していただければ、

おわかりいただけるはずです。

そしてカワウソらしく泳ぎ回る姿をぜひご覧ください。

 

最後は、段差を乗り越えられない子どもたちを

父親ライが手助けしているような様子です。

 

 

 

コツメカワウソの離乳 その2

たちかわ 2016.05.03(火)

前回のブログではコツメカワウソの子どもが

離乳したお話をしました。


今回はその続き、生後3ヶ月頃の様子です。


大人と同じくらい食べられるようになったコツメカワウソの子どもは

少しでも早くエサにありつこうと、最初の一切れをもらうまでは

ちょっとしたケンカを起こすこともしばしばです。


生後87日目にはアサヒが他の子どものエサを横取りしてしまったので、

エサを取り返そうとしたら、咬まれました。

おそらく本人はエサにとびかかったつもりなのでしょうが、

飼育スタッフの手に咬みついてしまったのだと思います。


これまでは咬まれても全く痛くなかったのですが、

硬い骨ごと食べられるだけの鋭い歯と強い顎の力が備わってきたのでしょう。

かなり痛かったです。


今でも痕が残っています。

こんなところでも成長を実感していました。

2016.4.25-6.jpg

しっかり食べるようになった頃には、

子どもたちは自分で自由に歩き廻るようになり、

子どもたちの移動を親が手助けしなくなりました。

2016.4.25-7.jpg

 

2016.4.25-8.jpg

 


 

3頭とも食欲旺盛ですが、ヤマトが最もよく食べます。

ミヤマとアサヒは少々好き嫌いや、エサをおもちゃにして

遊んでしまう時があります。

子どもたちのエサやりは毎日10時、13時、16時に

コツメカワウソのフィーディングウォッチの後行っています。

エサを与える時はお祭り騒ぎで収拾つかないようなこともありますが、

温かい目で見守ってくださいね。


最後は、

3頭捕まえて撮影した動画になります。

今では動き回ってしまって、もうこんな風に落ち着いてくれません。

 



 

コツメカワウソの離乳 その1

たちかわ 2016.05.01(日)

4月12日にコツメカワウソの子どもが展示デビューを果たしました。

 

現在は3階「カワウソの巣穴」展示にて、

父:ライ、母:ミノとともにヤマト(♂)、ミヤマ(♂)、アサヒ(♀)の

家族5頭で生活しています。

 

コツメカワウソの子どもの成長記は、

前回「そろそろ離乳」というところで終わっているので、

今回は離乳編をお送りします。

 

離乳食を与えるまでの様子では、

アサヒが最も身体は小さいものの、

開眼や自力排便などを最も早く済ませていたので、

離乳も一番早いのでは?と予想していました。


しっかりとした足取りで歩き、周りの物への興味を示し、

体格的にも赤ん坊というよりは子どもといった雰囲気になった

生後59日齢より、離乳へ向けて親が食べている魚肉を与え始めました。

 

離乳食を与え始めた時期の3頭の様子です。

2016.4.25-1.jpg2016.4.25-2.jpg2016.4.25-3.jpg

まずは骨を除いたり、ミンチにした魚肉の臭いを嗅がせたり、

切り身を差し出して遊ばせたり。

時には口の中に切り身を入れてやりますが、噛んでは吐き出し、

また口に入れても噛んでは吐き出しを繰り返しました。

61日齢にアサヒが口に入れてやったエサを飲み込み、

63日齢にはアサヒとミヤマが自分でくわえてエサを飲み込みました。

といってもわずか1gほどですが。


数日後にはヤマトも食べ始めるのですが、

この頃はまだまだ安定せず食べる時もあれば食べない時もある、

といった状態でした。

2016.4.25-4.jpg

 

その後は、順調に食べる量も増え、離乳は完了しました。

 

これまで子どもへの授乳のために、

妊娠前の2倍近くもの量を食べていた母のミノは 

2016.4.25-0.jpg

 

これでやっと食欲もおさまると思ったら、なぜか全く食欲はおさまらず、

父のライ、そして子どものエサをかっさらっていくのです。


エサを奪われたライはただ立ち尽くし、

子どもは低い声を上げながらミノを追いかけているという始末。

コツメカワウソは親が子どもへエサを運んでやる、と言われるのですが。

ミノへは何度「おいおい!!」と突っ込みを入れたことか。。。

ミノの栄養は足りているはずなので、エネルギーにはならず

満腹感を与えられるゼリーを与えて食欲を紛らわせていました。

 

下の動画では、ミノ(母)にエサを横取りされてしまったアサヒ(子)が

ミノにうなっている様子をご覧いただけます。

 

 

エサを与えるとき時以外は仲良く過ごしているのですが...。

下のように、ミノはよく子どもたちの毛づくろいをしてますよ。 

 

2016.4.25-5.jpg

 

そして最近では大人と同じくらいエサを食べられるようになりました。

この続きは次回のブログでご紹介したいと思います。

お楽しみに!



 

カワウソ ヒダの水泳練習

近藤 2016.03.08(火)

みなさん、こんにちは。


最近、カワウソのあかちゃんが生まれ

成長も著しく話題が絶えませんが、

今日はそちらは置いといて・・・


以前ブログでも少し紹介しました、

コツメカワウソ「ヒダ」のお話をしようと思います。

2016.3.1-1.jpg

さて、コツメカワウソは

東南アジアの川辺に生息をしている

とても泳ぎが得意な動物です。


泳ぎが得意なはずなんです・・・・


・・・が

去年、アクアトトにやってきた

ヒダは、どうも水が嫌いなようで・・・

水に入りません。


水飲み用桶の水もはじめは

恐がっていました・・・

さて、どうしたものかと考えた末、

水の中に入るための練習をさせることにしました。


はじめて、

大きなプールのある展示槽に出したときは

水に近づきもしませんでした。

2016.3.1-2.jpg

練習で水に入るのはもちろん、

水辺に行くことすら嫌がり

ヒダが泳ぐ日はやってくるのか・・・と、

心配になってしまいました。


それから、

ヒダが展示槽に出ている日は

できるだけ水辺でエサをあげるようにしたり

丸太の上まで誘導したりして

練習を重ねていきました。

2016.3.1-3.jpg

そして、最近

久ぶりにヒダを展示槽に出したので

様子はどうかなと思い

ちらっと見に行ったんです。


そしたら、そこに

華麗に泳いでいるヒダの姿!!!


は、残念ながら見れなかったのですが

華麗に水辺の丸太の上を歩いている姿を

見ることができました!!!!!!!!!!!!

2016.3.1-4.jpg


とても身軽そうに

ぴょんぴょんと丸太を飛び越え

たまに水に顔を浸け

水を飲んでいました。

2016.3.1-5.jpg

 

水を恐がり

近付きもしなかった

ヒダがここまで成長したか!!

と少し感心しました。

(※まだ、水には入れません!!!!!!)


泳ぎの練習も

もちろん続けています。

たまに、足を滑らせて

水の中に落ちて

慌てています(笑)


泳げるようになるには

もう少し時間が必要そうですね。

2016.3.1-6.jpg

 

てことで、

まだまだ練習は続きます!!


ヒダの水泳練習ですが

エサの時間のあとに

やっていることが多いので

みなさん是非、

応援しに来てくださいね!!!!!


 

 


 

 

このページの先頭へ

2017年03月
日 月 火 水 木 金 土
     
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 

バックナンバー

ピックアップフォト

  • 2017.3.7-1.jpg
  • ドンコ.jpg
  • 2017.2.5-1.jpg
  • 2017.2.3-1.jpg
  • IMG_0745.JPG
  • 2017.1.2-1.jpg
  • 与える.JPG
  • 2016.12.30-1.jpg
  • kakou2.jpg
  • 2016.12.16-1.jpg
世界淡水魚園水族館 アクア・トト ぎふ
〒501-6021 岐阜県各務原市川島笠田町1453 TEL:0586-89-8200/FAX:0586-89-8201

Copyright © Gifu World Fresh Water Aquarium All Rights Reserved.