世界淡水魚園水族館 アクア・トト ぎふ
  • 料金・お得なパスポート
  • 団体のお客様へ
  1. HOME>
  2. おもしろ飼育日記>
  3. バックヤード

おもしろ飼育日記

バックヤードの日記

ロリカリアのたまご

須田 2014.09.02(火)

水族館の入り口にあるエントランス水槽。

2014.9.1-1.JPG

 

現在は企画展「赤い清流」に合わせ、

アマゾンに生息する魚たちを展示しています。

 

その水槽の中から、今回紹介するのはこの魚!

2014.9.1-2.jpg

ロリカリア(の仲間)です!

モジャモジャの口が特徴的な、ナマズの仲間です。

 

水族館にこの魚がやってきたのは5月。

このたびのアマゾン展にむけ、

バックヤードの予備水槽にてしっかりと調子を整えてきました。


あるとき、予備水槽を何気なく見てみると…

2014.9.1-3).JPG

 

 

なんと!体の下に卵塊を抱えているではありませんか!

どうやらあのモジャモジャの口でくわえている様子です。


これはまたとない機会!?

すぐに卵を回収するのではなく、

ふ化する直前まで親に育ててもらうことにしました。

観察していると、

胸鰭を動かして卵に水を送るような行動も観察できました。


卵を発見してから約1週間…

 

 2014.9.1-4.jpg卵塊はピンク色に!

よく見てみると、一粒一粒に赤ちゃんの眼が見えています。

上手く育っているようです!

 

そろそろふ化するかな…?

と思うところで親を捕まえ、卵塊を回収しました。

2014.9.1-5.jpg

  卵の感触は、弾力のあるイクラのようです。

アップで見てみましょう!


2014.9.1-6.jpg

みっちり。

 

回収した際の刺激からか、直後にふ化も始まりました。

 

2014.9.1-7).jpg 

 

2014.9.1-8).jpg

お腹に卵黄をつけているものの、姿は親とそっくりです。

いっちょまえに口もモジャモジャしていますね!

 

驚いたのは、卵黄の吸収の速さ。

ポッコリしていたお腹も、生まれて次の日にはすっかり無くなり、

よりロリカリアらしい姿になりました。

 

ふ化してから10日目の稚魚はこんな感じです。

 

2014.9.1-9).jpg

ロリカリアの稚魚たちは現在も裏側で過ごしています。

育てているうちにちょっとした事件もありましたので、

それは次回のブログにてご紹介したいと思います!

 

それではまた!

 


 

 


口から赤ちゃん

須田 2014.05.24(土)

こんにちは!

5月も後半に差し掛かりましたが…

今回は先月展示した4月マンスリー水槽のおはなしです。


4月マンスリー水槽では

「春の小川の生き物たち」ということで、

春の風景にちなんだ魚たちを展示しました。

2014.5.22-1.jpg

 

そのなかでのこの水槽!

2014.5.22-2.jpg

 

小川のほとりに咲く、タンポポをイメージして選んだのは、

2014.5.22-3.jpg

 

ラピドクロミス・カエルレウスという、

アフリカのマラウィ湖に生息するシクリッドのなかまです。

 

この魚は、メスが卵を口の中で育て、

稚魚になるまで保護するという面白い生態を持っています。

それについて解説板にも紹介していたのですが…


なんと!

展示期間中に卵を持ってくれたんです!

  

2014.5.22-4.jpg

よく見ると、あごの部分がこんもりしているのが分かります。


 2014.5.22-5.jpg

展示水槽には ↑ このようなステッカーを貼り、紹介させて頂きました!

4月が終わるころには、

4匹のメスが卵をくわえていました。


さてさて、4月の展示期間も終わり、

裏の予備水槽に移動してもらったカエルレウスたち。

先日、口の中の稚魚を取り出すことにしました。


ある程度母個体の口内で成長すると、稚魚は口から吐き出されます。

そのままにしておくと、

稚魚が同居している他の魚たちに食べられてしまうため、

そうなる前に口内から取り出して

稚魚だけの水槽にお引っ越しすることにしました。


母個体を傷つけることなく、

口の中の稚魚を出すにはどうしたらいいのか…!?

考えた結果、

「先を丸くした鉛筆」で母個体の口を開けることにしました。


その時の映像がこちら。

 

 

4匹の母個体から、全部で34匹の稚魚を取り出しました!

 

稚魚はこんな感じ。

2014.5.22-7.jpg


2014.5.22-8.jpg

ラピドクロミス・カエルレウスの特徴である

鮮やかな黄色ではなく、透き通った体をしていますね! 

おなかに黄色く見えるのは卵黄です。

少し頼りない感じはしますが、

引っ越し先の予備水槽でにょろにょろ泳いでいますよ!


これからは、母個体に代わって子育てに励みたいと思います!!

 ※母個体も元気に予備水槽で泳いでいますので、ご安心くださいね。



 

卵を産みに来る前に

田上 2013.12.11(水)

当館敷地内にある岐阜市産カスミサンショウウオの

域外保全区域(ほったらかし飼育場)

  詳しくは http://aquatotto.com/blog-diary/2012/04/post674.html

 に生えるカツラもすっかり葉っぱを落として、

いよいよ冬らしくなってきました。

 

 12.10-1.jpg

ごらんのような、荒れっぷりが逆にすがすがしいと巷で評判です。

産卵用の水場にもいい感じに泥やら色々な堆積物が溜まっていて、

環境的には実に良い感じです。

 

でも、卵や幼生をまったく観察できない状況では困りますので、

思い切って掃除を行いました。

 

12.10-2.jpg 

こんな風にタモ網でどんどん堆積物をすくっていきます。

 

すると…

もうオスが水場に入っていました!

 

12.10-3.jpg

いやー、この調子だと来年も順調に繁殖してくれることでしょう。

泥がなくなったことで、

戸惑いオロオロと水底を徘徊し続けるオスたちを見て見ぬふりして、

「よしず(鳥対策)」をかぶせて作業終了!

12.10-4.jpg12.10-5.jpg

たくさんのメスが産卵に来ることを、オスも私も期待しています。


12.10-6.jpg

 

 

  

 

クワ食わねぇかぁ

田上 2013.06.18(火)

当館のアルダブラゾウガメには、牧草(イネ科・マメ科)や小松菜を与えています。

たまにリンゴやクズ葉(葛)などを与えることもあります。

この献立に最近新メニューがくわわりました。

何がくわわったかと言うとくわがくわわったんです。

 

クワ(桑)が。

 

クワは栄養面も優れているとのことですし、嗜好性も高そうです。

ずいぶん前から餌として利用するために植えていて、

最近ようやく葉を収穫できるまでに成長しました。

6.18-1.jpg立派に育ちました!場所は水族館搬入口横のちょっとした花壇です。

クワはカルガモがいる水槽にも植えていますが、

展示水槽の植栽をブチブチちぎるわけにもいきません。

 

また、河川敷にもたくさん生えていますが、ひっこ抜いて持ってくるわけにもいきませんので、

駐車場に生えていた若木を植えかえました。

 

本当はもっと早く収穫できるはずだったんです。

しかし、雑草と間違えて根元から刈られてしまうという、忌まわしいハプニングなどもあって、

収穫まで大変時間がかかってしまいました。

 

では早速与えてみましょう!

6.18-2.jpg<夕方の風景>

おっ、もう完全に寝モードですね。

こうなると獣舎につれてかえるのも一苦労です。

いよいよクワの真価が問われるときがやってきました。

見向きもされなかったらどうしよう…。

6.18-3.jpg心配無用でした。嗜好性抜群。

6.18-44.jpg

6.18-5.jpg

6.18-6.jpgまぁ、まだ収穫できる量はおやつ程度ですが、

餌料が多様になることは喜ばしいですね。新鮮だし。

 

ちなみに、クワを植えてる場所の反対側はカスミサンショウウオの屋外池です。

6.18-7.jpgドクダミ畑…。もう、刈っても刈っても生えてきます…。

だれか食べへんかな…。

 

 

 

  

サンショウウオ日記~凹~

田上 2013.06.13(木)

先日、毎年恒例ハクバサンショウウオの繁殖池造成のお手伝いに行ってきました。 

行った日が例年よりちょっと遅かったこともあり、今年は雪がすっかりとけていました。

 

【どんなことやってるかは過去記事で】

http://aquatotto.com/blog-diary/2010/06/post494.html

http://aquatotto.com/blog-diary/2010/06/post495.html

 

今年も土を掘り進めつつ、道路上に産み落とされた卵嚢を回収します。

6.13-1.jpg発生がすすんだ卵嚢もありますね。

回収した卵嚢は掘り進めた池に戻します。

ちなみに、産卵しているのはハクバサンショウウオだけではなくて、

ここでは、他にも

クロサンショウウオやヤマアカアガエル、アズマヒキガエルが産卵しています。

6.13-2.jpg

 

これはアズマヒキガエルの卵紐。水たまりから溢れるほど産卵していました。

ん?ちょっと視線を横に向けると、

6.13-3.jpgあー!死んでる!

カエル合戦の際に溺死してしまったんでしょうか。

ここも道路の横のほんの小さな水たまりです。

死んでしまった個体の体は、

これから生まれるたくさんのオタマジャクシを育む大切な餌となることでしょう。

なんと言うかとても厳かな気分で水族館へ戻ってきたのでした。

 

さて。タイトルのとおりヘコんだことというのは、

このことではなくて、当館のハクバサンショウウオのことです。

なんと、

産卵しました!!!

7年越しです。ようやくです。私は本当にうれしかった。

6.13-4.jpgただ、なんとなく、初めて観察したときから未受精卵くさいなと思っていたんです。

結果はやはりダメ。

野外だったら道路上でも受精しているのに…orz

 

あっそれから、ちょっと前に書いたブチサンショウウオ!

2対目は未受精卵でした…orz

1匹だけ育っていた幼生、順調だったのですが、事故で死なせてしまいました…orz

 

思うようにはいかないものです。

凹んでます。

 

  

このページの先頭へ

2017年06月
日 月 火 水 木 金 土
       
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
14
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 

バックナンバー

ピックアップフォト

  • 2017.6.16-1.jpg
  • IMGP1116.JPG
  • 2017.6.8-1.jpg
  • 2017.5.20-1.jpg
  • P3210193-1.jpgのサムネール画像
  • 2017.5.14-2.jpg
  • 2017.5.5-1.jpg
  • 2017.4.29-1.jpg
  • 2017.4.24-1.jpg
  • 2017.3.23-1.jpg
世界淡水魚園水族館 アクア・トト ぎふ
〒501-6021 岐阜県各務原市川島笠田町1453 TEL:0586-89-8200/FAX:0586-89-8201

Copyright © Gifu World Fresh Water Aquarium All Rights Reserved.