世界淡水魚園水族館 アクア・トト ぎふ
  • 料金・お得なパスポート
  • メールマガジン
  • 団体のお客様へ
  1. HOME>
  2. おもしろ飼育日記>
  3. 特別展・企画展

おもしろ飼育日記

特別展・企画展の日記

生きた化石カブトガニ

たちかわ 2017.02.11(土)

企画展「話題になった生きものたち」で展示中の生きもので、

今回紹介するのはカブトガニTachypleus tridentatus

 

分類学的にヒトから遠く離れた生物ほどおもしろいと感じる私、

先日ブログで紹介したアルテミアに続いて、

今回のカブトガニも非常に楽しみにしていた生物です。


カブトガニは日本国内では、

瀬戸内地方や九州北部の沿岸に広く生息しており、

このうち岡山県笠原市や佐賀県伊万里市の繁殖地は

国の天然記念物に指定されています。

ただし多くの生息地で開発により生息環境が悪化し

個体数もかなり減ってしまっています。

そのため環境省のレッドデータブックでは

絶滅危惧Ⅰ類に指定されているのが現状です。


そんなこともあり、一体どんな環境で生息し繁殖しているのか、

以前から一度生息地を訪れてみたいと思っていた生物なのです。


カブトガニがなぜ話題になったのか調べてみると、

特徴的な硬い甲羅と長い尾からなる姿かたちが

大昔からほとんど姿を変えておらず「生きた化石」と呼ばれており、

1970年代の生きた化石ブームに乗っかったそうです。

名前に「カニ」とは付くものの、

分類においてはカニよりもクモに近縁な生物であり、

古生代に栄えたと言われる三葉虫が祖先にあたるそうです。

たしかに似ているなぁと思って眺めています。

 

今回はオスとメスの2個体を飼育しています。

2017.2.5-1.jpg

 

しかし、企画展開始時には上の写真のように

1個体のみの展示となっていました。

なぜなら、オスが環境に慣れないのかエサを食べなかったので、

慣れるまでの約2ヶ月間バックヤードで飼育していたのです。

そして企画展開始から遅れること1ヶ月半、

1月24日にやっとオスメス2個体での展示となりました。

 

ということで、オスとメスで外見がどう異なるのか、

写真で説明していきます。


まずは背面の全体像。

2017.2.5-2-2.jpg
オス

2017.2.5-3.jpgメス

 

どうでしょうか??

ほとんど同じに見えますが、オスは甲羅の頭部辺縁がへこんでいますね。

正面からだとなおさらわかりやすいですよ。

2017.2.5-4-2.jpg

オス吻側

 

そして、さらに分かりやすいのがこちら。

腹部の写真。

2017.2.5-5.jpg

オス腹面

 

2017.2.5-6.jpg

メス腹面

 

ポイントはオスの写真の緑色矢印!!

オスの第2、3番目の脚がかぎ状なんです!!

他の脚はメスのものも含めて全てはさみ状ですよね。

 

抱合の際、オスがメスの上に乗るのですが、

この時メスの甲羅が当たる箇所のオスの甲羅がへこみ、

メスの甲羅をつかみやすいように

オスの第2、3番目の脚がかぎ状になっているのです。

 

ただ、性別判定のポイントがわかっても

だいたいの時間はこんな状態。。。

2017.2.5-7.jpg なかなか動いている姿を目にできませんが、

それでも時々アクリルガラスにもたれかかって

ワサワサと動いていることがあります。

そんなラッキー!!な場面に遭遇したら、腹部をよく観察してみてくださいね。

 

メスの写真の紫色矢印のところが口になります。

エサを食べている様子も撮影したいのですが、

なんせエサに覆いかぶさってしまうので、撮影できず、、、

 

ちなみにこの写真を撮るために

昨年末に入社した新人に協力してもらいました。新人の手が写っていますね。

そのうちこの飼育日誌にも登場すると思いますので、

楽しみにしていてくださいね。

 

 


12月17日に始まった企画展「話題になった生きものたち~なつかしくて新鮮!!~」

 

2017.1.2-1.jpg

 

今回の企画展はこのような年表から始まり、

誰もが「なつかしい・・・」と感じる生きものを選び、年代別に展示しています。

ということで、今回は企画展で展示している生き物の中で

最も古い年代のものを紹介します。

 

その名も「アルテミア」。

これで分かった方は、かなりの生きもの好きですね!!

 

「なつかしい・・・」と多くの方に感じていただくために、

別の名で紹介すると、、、

「シーモンキー」。

いかがでしょうか??

 

昭和40年代に一世を風靡したという、「シーモンキー」。

このアルテミア(通称:シーモンキー)は

ホウネンエビモドキ科アルテミア属の総称で、甲殻類の仲間です。

ほとんどの甲殻類はキチン質を主体とする硬い甲殻で

身体を覆っているのに対し、このアルテミアは甲殻を持ちません。


塩水湖に生息しており、

Brine(塩水の) shrimp(エビ)という名でも呼ばれています。

乾燥に長期間耐えられる耐久卵を産み、

 塩水に浸かると孵化する性質を利用して、

エサ生物として広く活用されているため、魚を飼育されている方には

「ブラインシュリンプ」と呼んだ方がおなじみかもしれませんね。

 

水族館職員の私は、孵化させたらすぐに

エサ生物として活躍してもらう認識しかありませんでした。

「水田でみかけるホウネンエビに近い生き物」という知識はあったものの、

成体になるとどんな大きさなのか、どんな姿なのか、

実に基本的なことを楽しみに見守ることになりました。

ということで、企画展に向けてバックヤードで飼育を開始しました。

 

まずは塩水を容れた水槽で耐久卵を孵化させました。

 

2017.1.2-2.jpg誕生6日目

 

この頃は、甲殻類の初期の幼生「ノープリウス幼生」といって

成体とは異なる形態です。

それでも、甲殻類っぽい感じは出ていますね。

ちなみに、緑色の色素を持ったクロレラという藻類を

エサとして与えているので、消化管が緑色に見えますね。

動きは成体よりも単調な印象です。

 

 

2017.1.2-3.jpg

 

誕生17日目

真上からの写真です。すでに成体になりました。

企画展に向けてバックヤードの30℃近い温かい水槽で飼育していたら、

思ったより成長が早かったです。

光学顕微鏡では画面からはみ出すほど大きくなっていました。

こちらは光を当てて実体顕微鏡で覗いたところです。

光り輝いてまるで宝石のようですね。

 

 

2017.1.2-4.jpg

 

誕生45日目頃

もう肉眼で充分観察できます。

白色の卵を容れた卵嚢も見えますね。

ということで、この個体はメスです。

 

 

2017.1.2-5.jpg

 

成体になっても大きさは1cmほどしかありません。

遊泳力は強くないので、流れのあるところでは流されるままです。

 

そしてこの頃、企画展開始に合わせてお客様の前にデビューしました。

 

2017.1.2-6.jpg

 

水槽内ではこんな感じで泳いでおり、

卵嚢が見えるので前がメス、後ろにくっついているのがオスですね。

そして、周囲の水中に小さなオレンジ色の

点々として見えるのが、幼生です。

実際にじーと観ていると自力で動き回っているのがわかりますよ。

 

 

2017.1.2-7.jpg

 

オスは頭部に角のような交接用の付属器がありますので、

オスメス見分けてみてください。

 

そして展示風景。

 

2017.1.2-8.jpg

 

アクリルガラスの向こう側が見えませんが、

水槽や当時のなつかしの一品は

実際にアクア・トトぎふに見に来てくださいね。

 

お客様の反応を眺めていると、

幼いお子様にご自身の体験を話している姿をちらほら見かけ、

なんだか癒されます。

大人の方々も、

「なつかしい・・・」と感じる生きものの前で立ち止まっていただき、

当時の想い出に浸るもヨシ、

ご一緒されている方との話のネタにするのもヨシ、

それぞれの「なつかしい・・・」な時間をお過ごしください。

 

 


ちりめんモンスターをゲット!!

なつめ 2016.11.23(水)

みなさんこんにちは。

いまもなお、「モンスター」をゲットするゲームが流行っていますね。


実は、アクア・トト ぎふでも

開催中の企画展「インパクト・アクアリウム」にちなみ、

あるモンスターをゲットするイベントを特別に開催したんです!


その名も

「ちりめんモンスターをゲット!!」

ちりめんモンスター??


通称「チリモン」という呼び名で

ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。


「ちりめんモンスター(チリモン)」とは

ちりめんじゃこの中に紛れている、ちいさな魚やいきもののこと。

 

2016.11.24-1.jpg


まるで見た目がモンスターみたい!


今回のイベントはちりめんじゃこのかたまりの中から

お気に入りの「チリモン」を見つけて

キーホルダーにして持って帰っちゃおう!という企画なんです。


スプーン1杯ちりめんじゃこのかたまりをすくって

その中からチリモンを探すのですが...

 

2016.11.24-2.jpg


パッと見ただけでも、ちりめんじゃこではない“チリモン”がうじゃうじゃ!

 

2016.11.24-3.jpg


お子さまはもちろん、大人の方も

みんな夢中で楽しんでいました。

 

2016.11.24-4.jpg


2016.11.24-5.jpg


時にはレア!な

タツノオトシゴが見つかることも!

 

2016.11.24-6.jpg


最後はキーホルダーにして

お持ち帰りいただきます。

ちりめんモンスター.jpg


みんな、上手にできました!

 

2016.11.24-8.jpg


2016.11.24-9.jpg

 

このイベント、9月と10月に1回ずつ開催したのですが

とても好評だったので、

11月と12月にも追加開催することになりました!


企画展特別イベント 「ちりめんモンスターをゲット!」

11/27(日)、12/10(土) 11:00~15:00

料金:400円(年パスは100円引!)

詳しくはこちら


大人も夢中になってしまう「ちりめんモンスター」。

みなさんも、「チリモンゲット!」してみませんか?


それでは、また!



 

インパクトブログ

中野 2016.11.16(水)

みなさんこんにちは。


夏休みより開催している企画展「インパクト・アクアリウム」。

長期にわたって開催しておりますが、終了まであと1ヶ月となりました。


今回はブログのタイトル通り、企画展で展示している生き物の

“インパクト”をご紹介していこうと思います(自らハードルを上げてくスタイル)。


まずは展示生物①『オニダルマオコゼ』。

2016.11.9-1.jpg

 

この魚めったに動きません。 

というのも、自然下では岩などに擬態して獲物を待ち伏せし、

獲物が近づいてきたところを捕食する生態をもっているので

獲物を捕らえる時以外は全然動いてくれません。


しかし、捕食するときだけはかなり!動きますので

その瞬間を動画でどうぞ。 

  

 

次は展示生物②チリメンナガクビガメ

 

2016.11.9-2.jpg

 


日本でよく見るカメは、頭をひっこめるとき首をS字形に

縦方向に曲げて甲羅に頭をかくしますが、


このカメはながーい首を 

 

2016.11.9-3.jpg

 

 

この部分に

2016.11.9-5.jpg


横に曲げることで、 頭を隠します。

2016.11.9-4.jpg


このようなカメの仲間を曲頚類(きょくけいるい)といいます。


ただ完全にひっこめることはできないみたいです。 

 

展示生物③ニシキエビ

2016.11.9-6.jpg 

展示している水槽には2匹いるのですが...

あるときパッと水槽を見てみると

2016.11.9-7.jpg


3匹いる!?

分身でもしたのか、とよく見てみると、

2016.11.9-8.jpg

 

 

2016.11.9-9.jpg



脱皮殻でした。

普段は淡水性の小型な甲殻類ばかりを扱っているので、

ここまで綺麗な脱皮殻をみたことがなく、

個人的にインパクトがありました。

 

では最後に展示物④ ダウリアチョウザメ(はく製)

2016.11.9-10.jpg 


全長3.4mダウリアチョウザメというチョウザメの仲間のはく製です。

 

なんといってもこの大きさに衝撃を受けますが

それより顔が恐ろしいのです。

特に夜になり、あたりが暗くなってから見るやつは・・・・。


覚悟して画像見てください!

2016.11.9-11.jpg



...。


改めて画像でみると、意外に可愛いかもしれません。

生でまじまじ見ると迫力あるんですよ! 

 

ちなみにこの標本は、業者の方から借りたものなのですが、

このはく製、実際に現地にいって釣ったらしいです!

 


さて、インパクトのある生き物はいましたか?

まだまだ紹介できてない生き物がいますので、

続きは是非水族館に見に来てください。

企画展「インパクト・アクアリウム」は12月11日(日)までの

開催ですので、まだの方はお早めに。

 

そして期間中の土日祝には、

企画展特別イベント「インパクト・フィーディングウォッチ」として

ピラニアやテッポウウオのエサやりシーンをご覧いただけます。


11月27日(日)と12月10日(土)は

企画展特別イベント「ちりめんモンスターをゲット!」もあります!

詳しくはホームページにアップしているので

そちらもあわせてお楽しみください。


それではまた。

 


 



 

インパクト大! でっかい金魚

なつめ 2016.07.28(木)

みなさんこんにちは。

 夏休みに合わせ、企画展「インパクト・アクアリウム ~衝撃の生き物たち~」

がスタートしました。

2016.7.28-1.jpgタイトル通り、“インパクト”のある生き物たちが大集結!しています。

企画展コーナーもさることながら、

今回テーマ水槽でも企画展「インパクト・アクアリウム」にあわせ

インパクトのある生き物を展示しています。


なんと...

体長30cm以上もある金魚!! なんです。


このでっかい金魚は岐阜県七宗町にある

「でか金倶楽部」にご協力いただき展示をしています。

でか金倶楽部とは、みのかも定住自立圏地域まちづくり事業の一環として、

でか金(ジャンボ獅子頭)の繁殖と普及に取り組んでいるグループです。

くわしくはコチラをご覧ください。


今日は、このでっかい金魚がアクア・トト ぎふに来るまでのお話を少し。


6月某日

水族館から車で約1時間30分、岐阜県加茂郡七宗町の山奥に

その金魚たちはいました。

2016.7.28-2.jpg 2016.7.28-3.jpg

 

でか金倶楽部のメンバー宅で、各々育てているそうです。

その中から数点、りっぱな金魚たちを選んでいただきました。

 

2016.7.28-4.jpg

 

いままで見たこともない、とても大きな金魚たち。


展示にあたり、

金魚だけでなく水槽の水もポンプで分けていただきます。 

水槽の水をタンクに汲み取り...

2016.7.28-5.jpgそうしてまた1時間30分の道のりを経て水族館に持ち帰り、

 

数日後テーマ水槽に華々しくデビューしました。

2016.7.28-6.jpg

 

その姿は圧巻!!

 

大きさの比較ができるよう、

子どものジャンボ獅子頭も一緒に展示しています。

2016.7.28-7.jpg

こんなサイズの金魚はそうそうお目にかかることはできないはず!


夏らしく、かつインパクト大のでっかい金魚。

8/7(日)までの展示ですのでお見逃しなく!


それでは、また!

 

 

 

 

このページの先頭へ

2017年03月
日 月 火 水 木 金 土
     
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 

バックナンバー

ピックアップフォト

  • 2017.3.7-1.jpg
  • ドンコ.jpg
  • 2017.2.5-1.jpg
  • 2017.2.3-1.jpg
  • IMG_0745.JPG
  • 2017.1.2-1.jpg
  • 与える.JPG
  • 2016.12.30-1.jpg
  • kakou2.jpg
  • 2016.12.16-1.jpg
世界淡水魚園水族館 アクア・トト ぎふ
〒501-6021 岐阜県各務原市川島笠田町1453 TEL:0586-89-8200/FAX:0586-89-8201

Copyright © Gifu World Fresh Water Aquarium All Rights Reserved.